百古不磨【ひゃっこふま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
百古不磨

【読み方】
ひゃっこふま

日本漢字能力検定
2級

【読み方】
後々の世まで滅びないこと。

【語源・由来】
重野成斎の「明治政体」より。「百古」は非常に長い年月・後々の世のこと。「不磨」はすりへらない、磨滅しないこと。

【類義語】
・百世不磨(ひゃくせいふま)


百古不磨(ひゃっこふま)の使い方

健太
聖書は世界一の発行部数を誇っていて、ギネスブックにも認定掲載されているんだよね。
ともこ
一説には150億冊とも言われていて、その数は定かではないそうよ。
健太
きっと聖書は百古不磨なんだろうね。
ともこ
人類の歴史とともに残っていくんでしょうね。

百古不磨(ひゃっこふま)の例文

  1. 百古不磨なものはこの世には存在しないのだから、割れた茶碗についてそんなに嘆く必要はないです。
  2. 法隆寺の五重塔は百古不磨なのかと思うほど、震災や老朽化に耐えてきています。
  3. 百古不磨の剣を鍛え上げました。
  4. ダイヤモンドの輝きは百古不磨、耐酸性・耐アルカリ性に優れていて、なおかつ水を弾く性質があります。
  5. 熊本城は難攻不落の城で百古不磨だと思われていましたが、地震のために壊れてしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事