尽善尽美【じんぜんじんび】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
尽善尽美

【読み方】
じんぜんじんび

日本漢字能力検定
4級

【意味】
完璧で欠けるものがないこと。

【語源・由来】
『論語』「八佾」より。りっぱさと美しさをきわめているという意味から。

【類義語】
・完全無欠(かんぜんむけつ)
・十全十美(じゅうぜんじゅうび)


尽善尽美(じんぜんじんび)の使い方

健太
この雑誌に出ているモデルさんは尽善尽美の極みだね。
ともこ
本当ね。完璧な美しさで立派なたたずまいをしているわ。
健太
この風格で僕たちと同じ10代なんだよ。将来が楽しみだよね。
ともこ
きっと世界に羽ばたく有名なモデルになるんでしょうね。

尽善尽美(じんぜんじんび)の例文

  1. 健太くんの家は、相当こだわって作っただけあって尽善尽美の建物で、建物探訪という番組に出ることができそうです。
  2. ここは冬は物悲しい雰囲気だったけれども、春は花が咲き誇り、尽善尽美の景色だね。
  3. 今回の展覧会は、尽善尽美の絵ばかりで大変見応えがありました。
  4. 雪の結晶は、どれ一つとっても同じ形のものはなく、そして尽善尽美の形をしています。
  5. 長い年月をかけて自然が作りだしたものは、尽善尽美の造形で、人々を魅了します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事