鶏鳴狗盗【けいめいくとう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
鶏鳴狗盗

【読み方】
けいめいくとう

【意味】
小さな策を弄(ろう)する人や、くだらなかったり、つまらなかったりすることしかできない人のこと。
また、つまらないことでも、なにかの役に立つことがあるということ。

【語源・由来】
「鶏鳴(けいめい)」とは、鶏の鳴きまねをすること。
「狗盗(くとう)」とは、犬の様にこそこそと、わずかなものを盗むこと。また、いやしいことをして、人を欺くこと。

「史記(しき)」孟嘗君伝(もうしょうくんでん)より出典。
中国戦国時代に、秦(しん)の昭王に捕らえられた、斉(さい)の孟嘗君(もうしょうくん)が、犬の真似をして盗みをするのが得意な家臣に、白狐の皮衣を盗ませて昭王の愛妾に献上し、その口添えで釈放された。夜中に国境の函谷関(かんこくかん)まで来たが、関所の扉は一番鶏が鳴くまで開かないことになっていた。今度は鶏の鳴きまねのできる家臣に、一声鳴かせてみると、本物の鶏も鳴き出したことで門が開き、無事に逃れたという故事に基づいているとされる。

【類義語】
・竹頭木屑(ちくとうぼくせつ)

【対義語】

【英語訳】
person who resorts to petty tricks; person of small caliber who is only capable of petty tricks.

【スポンサーリンク】

鶏鳴狗盗(けいめいくとう)の使い方

ともこ
健太くん、さっきからなにをしているの。
健太
猫の鳴き声を練習しているんだ。
ともこ
鶏鳴狗盗ね。
健太
なにかの役に立つことが、あるかもしれないじゃないか。

鶏鳴狗盗(けいめいくとう)の例文

  1. 鶏鳴狗盗というけれど、なにが役に立つかはわからないじゃないか。
  2. 彼は鶏鳴狗盗の技能をたくさん持っている。
  3. 鶏鳴狗盗の術があったからこそ、彼は逃れることができたんだ。
  4. 鶏鳴狗盗ばかりだと、鼻で笑われた。

まとめ

鶏鳴狗盗というように、くだらない技能や、つまらないことしかできなかったとしても、なにが役に立つかはわからないものなのではないでしょうか。
いざという時には、どんなことでも利用することで、困難から逃れることかできるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事