名声過実【めいせいかじつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
名声過実

【読み方】
めいせいかじつ

「名声実に過ぐ」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
実際よりも評判のほうが高いこと。評判どおりではない意。

【語源・由来】
『史記』「陳豨伝」より。


名声過実(めいせいかじつ)の使い方

ともこ
新しい総理大臣は失言ばかりで仕事もできないし、名声過実だったわよね。
健太
そうだよね。思ったよりも大したことなかったよね。
ともこ
議員としての英才教育を受けた三世議員で、生まれ持っての議員としての才能があるって聞いていたのにね。
健太
残念過ぎるよ。早く総理大臣をやめてくれないかな。

名声過実(めいせいかじつ)の例文

  1. 健太くんは日本最強の空手家と聞いていたのに、名声過実で噂ほどじゃないし、無名な私よりも弱いかもしれない。
  2. あれだけ評判が良かったから期待していたのに、ふたを開けてみたら名声過実でがっかりさせられたよ。
  3. 救世主になりうるっていう話だったのに、あんな名声過実な監督じゃ結果を残すことはできないよ。
  4. 健太くんの実力は名声過実、評判ほどではないよ。
  5. 名声過実となって失望させることがないように、実力をつける努力をしよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事