一縷千鈞【いちるせんきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一縷千鈞

【読み方】
いちるせんきん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
極めて危険なこと。「縷」は糸のこと。「鈞」は重さの単位。

【語源・由来】
「文選」枚乗「上書諫呉王」より。一本の糸で千鈞もの重い物を吊るすということから。

一鈞は約七・七キログラム

【類義語】
・一触即発(いっしょくそくはつ)
・一髪千鈞(いっぱつせんきん)
・危機一髪(ききいっぱつ)
・千鈞一髪(せんきんいっぱつ)
・累卵之危(るいらんのき)

【スポンサーリンク】

一縷千鈞(いちるせんきん)の使い方

健太
ともこちゃん。あの木の上に猫がいるよ。降りられないみたいだ。助けに行ってくるよ。
ともこ
雨でぬれているし、この木に登るのは一縷千鈞よ。
健太
大丈夫、落ちても怪我をしない高さだと思うよ。
ともこ
気を付けてね。

一縷千鈞(いちるせんきん)の例文

  1. 一縷千鈞と一獲千金はにているけれども、一度に大金を手にしようと欲張ると、一縷千鈞、危険が隣り合わせにある。
  2. この近道は、一縷千鈞、急がば回れで安全な道を行きましょう。
  3. 一縷千鈞、危険な綱渡りをするようなものです。
  4. それは一縷千鈞、もっと安全かつ確実な方法を考えましょう。
  5. 健太くんは、一縷千鈞な職業に就いているので、毎日心配です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事