凌雲之志【りょううんのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語 )

【四字熟語】
凌雲之志

【読み方】
りょううんのこころざし

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。

【語源・由来】
『漢書』「揚雄伝」より。「凌雲」は雲を高くしのいで上る意。転じて俗世を超越すること。

【類義語】
・凌霄之志(りょうしょうのこころざし)
・凌雲之気(りょううんのき)
・凌雲意気(りょううんいき)
・壮士凌雲(そうしりょううん)


凌雲之志(りょううんのこころざし)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは、この春から新入社員になったのよね。
健太
そうなんだ。凌雲之志をもって入社したんだよ。
ともこ
凌雲之志を忘れないで、上を目指してほしいわよね。
健太
そうだね。挫折しても立ち上がって凌雲之志を捨てずにがんばってほしいよ。

凌雲之志(りょううんのこころざし)の使い方

  1. 凌雲之志をもってあきらめずに仕事を続けたい。
  2. ビッグになりたいという凌雲之志を抱いて東京に向かいました。
  3. 凌雲之志を抱いてアメリカに渡りましたが、まだ芽が出ていないようです。
  4. 凌雲之志を抱いていた健太くんが、出世のチャンスを見逃すはずがありません。
  5. 三年以内に武道館でライブをするという凌雲之志を抱いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事