西戎東夷【せいじゅうとうい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
西戎東夷

【読み方】
せいじゅうとうい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
西方と東方の異民族。また異民族の総称。えびす。異民族を卑しんでいう語。

【語源・由来】
『礼記』「曲礼・下」より。「戎」は西方の、「夷」は東方の異民族のこと。

【類義語】
・南蛮北狄(なんばんほくてき)


西戎東夷(せいじゅうとうい)の使い方

健太
中国は大陸の国だから、隣接する西戎東夷の脅威が常にあったんだよね。
ともこ
へえ。日本は島国だから、急に攻め込まれるってことがなかったわよね。
健太
中国の為政者は危機感があったから、歴史に名を残すような優秀な人が多かったんだろうね。
ともこ
歴史に名を残さなくても平和な島国のほうがいいわ。

西戎東夷(せいじゅうとうい)の例文

  1. 中国の人たちは、自分たちは世界一の民族で、周囲の民族は西戎東夷だと卑下していました。
  2. 西戎東夷は、中国の国土が拡大した後にヨーロッパ、日本をさすようになりました。
  3. 中国は西戎東夷など、外敵が多かったので巨大な城壁が多数建造されました。
  4. 古代中国には、自分たちの民族以外を西戎東夷と呼んで蔑んだ、異常にプライドが高い時代がありました。
  5. 「華人」とは文明人のことで、中国人以外は西戎東夷だと見下していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事