積羽沈舟【せきうちんしゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
積羽沈舟

【読み方】
せきうちんしゅう

「積羽舟を沈む」とも読む。

【意味】
小さなものでもたくさん集まれば大きな力になるということ。

【語源・由来】
羽毛のような軽いものでもたくさん積むと、舟を沈めてしまうほどの重さになるという意味から。

【典拠・出典】
戦国策』「魏策」

【類義語】
積水成淵(せきすいせいえん)
積土成山(せきどせいざん)
羽翮飛肉(うかくひにく)
群軽折軸(ぐんけいせつじく)
叢軽折軸(そうけいせつじく)


積羽沈舟(せきうちんしゅう)の使い方

ともこ
健太くんは投票には行かないの?
健太
行かないんだ。僕が投票に行ってもどうせ決まった人が当選して、世の中は変わらないもの。
ともこ
積羽沈舟、みんなの一票が大きな力に変わるかもしれないじゃないの。
健太
じゃあ、投票に行ってみようかな。

積羽沈舟(せきうちんしゅう)の例文

  1. 生徒一人の力では小さすぎるけれども、積羽沈舟、全校生徒の力を合わせれば岩をも動かすことができる。
  2. 積羽沈舟、小事も積もれば大事になります。
  3. 世論が、積羽沈舟というように、大きなうねりとなって政府を動かしました。
  4. 毎日の小さな努力が、積羽沈舟、船を沈めるほどの大きな力となります。
  5. 少数の意見だからと見くびっていると、積羽沈舟、いずれ大多数となり足元をすくわれますよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索