奸智術数【かんちじゅっすう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
奸智術数

【読み方】
かんちじゅっすう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
よこしまな知恵と計略のこと。「奸智」とは、悪賢い知恵、悪知恵のこと。「術数」とは、はかりごと、たくらみのこと。

【類義語】
・奸智術策(かんちじゅっさく)
・偽詐術策(ぎさじゅっさく)
・権謀術策(けんぼうじゅっさく)
・権謀術数(けんぼうじゅっすう)
・手練手管(てれんてくだ)

【スポンサーリンク】

奸智術数(かんちじゅっすう)の使い方

ともこ
健太くん。泣きそうな顔をしてどうしたの?
健太
スターティングメンバーを競っているライバルの選手の奸智術数のせいで、メンバー入りどころか、大会に参加することも危うくなったんだ。
ともこ
敵に回したくないタイプの人を敵に回したのね。
健太
そうなんだ。どうしたらいいんだろう。

奸智術数(かんちじゅっすう)の例文

  1. 奸智術数をめぐらせるより、本能に従ったほうがうまくいくこともある。
  2. ライバルの奸智術数にはまり、次期病院長には選ばれないことになりました。
  3. 以前所属していた事務所が、奸智術数をめぐらせて、あのアイドルを干そうとしています。
  4. 良い人では無理、奸智術数に長けていないと総理大臣になれません。
  5. 監督の奸智術数のせいで、フェアプレー精神に傷が付きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事