巧言令色【こうげんれいしょく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
巧言令色

【読み方】
こうげんれいしょく

【意味】
口先や顔つきだけで愛想よくして、人に媚びへつらうこと。

「巧」を「好」と書き誤らない。

【由来】
「巧言」は巧みに飾った言葉。「令色」は愛想よく取り繕った表情。

出典にある「巧言令色鮮し仁」の言葉が有名。巧言令色な者には、人徳が欠けているという点。

【類義語】

【対義語】
・剛毅朴訥(ごうきぼくとつ)
・質実剛健(しつじつごうけん)

【英語訳】
flattery、honeyed words

巧言令色鮮し仁 Full of courtesy, full of craft.
【スポンサーリンク】

巧言令色(こうげんれいしょく)の使い方

ともこ
やっと宿題が終わったわ!今日の宿題は本当に難しかったわ。
健太
君は本当に綺麗だね。美しすぎて僕の目がくらんでしまうよ。
君の美しさは、ある意味罪だね。いや~君に出会えて本当に生きていてよかったよ!
ともこ
いったいどうしたの?さては、宿題を見せてもらおうという魂胆ね!巧言令色すぎるわ!
健太
へへっ。バレちゃったか。お願い!宿題見せてください!

巧言令色(こうげんれいしょく)の例文

  1. 君は、あの飲食店の女性が好きだと言っているが、彼女はきっと巧言令色で君を喜ばせていると思うよ。
  2. 漫画には、巧言令色で実力者に取り入っている者も多く、彼らはいつも最後には痛い目を見ている。
  3. 社会人になって、自分の意見を押し通すだけではなく、巧言令色の技術も身に着いた。
  4. 巧言令色をうまく活用している人の方が、出世するのが早いのだろう。
  5. 彼の巧言令色に、先輩たちは惑わされていたので、彼だけいつもすぐに基礎練習を終わらせていた。
  6. 新入社員の社長に対する巧言令色には、先輩社員は皆イライラさせられた。
  7. 君は、自分の意見ばかり押しつけ周りが見えていない。少しは巧言令色するくらいできないのか。
  8. 実力のあるお笑い芸人の周りには、あわよくば自分のことを売り込もうと、巧言令色の皮を被った若手芸人がたくさんいた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事