商売繁盛【しょうばいはんじょう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
商売繁盛

【読み方】
しょうばいはんじょう

【意味】
商いがうまくゆき、大いに利益を得ること。


商売繁盛(しょうばいはんじょう)の使い方

ともこ
健太くん。どこに行くの?
健太
商売繁盛を祈願するために、神社に行ってくるよ。
ともこ
不景気で大変だったもんね。
健太
そうなんだ。景気が上向くようにしっかりお祈りしてくるよ。

商売繁盛(しょうばいはんじょう)の例文

  1. えびす様は商売繁盛の神様とされる。
  2. 看板猫を飼ってから商売繁盛だ。
  3. 目が回るほど忙しいが、商売繁盛でありがたい。
  4. 商売繁盛のためには、営業スマイルは欠かせない。
  5. 健太くんは、商売繁盛の御利益があるという壺を買わされた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事