堆金積玉【たいきんせきぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
堆金積玉

【読み方】
たいきんせきぎょく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
非常に多くの富を集めること。貴金属や珠玉を積み上げるという意味。

【語源・由来】
『論衝』「命禄」より。「堆」「積」とも積み上げるという意味。もと「積金累玉」といったものが転じた語。

【類義語】
・積金累玉(せききんるいぎょく)
・猗頓之富(いとんのとみ)
・陶朱猗頓(とうしゅいとん)


堆金積玉(たいきんせきぎょく)の使い方

ともこ
健太くんのお父さんは堆金積玉、とてもお金持ちよね。
健太
事業が成功して、会社が急成長したんだよ。
ともこ
へえ。それはすごいわね。
健太
うん。でも急に堆金積玉となったから、まだ庶民感覚が抜けないんだよね。

堆金積玉(たいきんせきぎょく)の例文

  1. 堆金積玉なともこちゃんは、学校に大金を寄付しているようです。
  2. 健太くんは堆金積玉なので、お金に困った経験がありません。
  3. 堆金積玉な人たちは、老後の心配がないからうらやましいです。
  4. 大きな病気を患ったとき、堆金積玉だと高額な治療を受けることができるから、堆金積玉であればあるほど長生きできることになります。
  5. 堆金積玉である健太くんが亡くなった後は、きっと壮絶な遺産相続争いが起きるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事