鄭衛桑間【ていえいそうかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鄭衛桑間

【読み方】
ていえいそうかん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
国を滅ぼすような下品でみだらな音楽のこと。

【語源・由来】
『礼記』「楽記」より。「鄭」「衛」は中国、春秋時代の国の名。「桑間」は衛の地名。、殷の紂王の作った淫靡な音楽のことでもある。


鄭衛桑間(ていえいそうかん)の使い方

ともこ
健太くん。今流れているあの音楽が聴こえる?
健太
聴こえるよ。今、とってもはやっているんだよね。
ともこ
あの曲の詩は下品で鄭衛桑間よね。
健太
確かにそうだよね。あんな曲がはやっているなんて嘆かわしいことだよね。

鄭衛桑間(ていえいそうかん)の例文

  1. この曲は、今は無き独裁者の国の国歌で鄭衛桑間といえるでしょう。
  2. 鄭衛桑間が巷で流れているようなこの国の未来は暗いものです。
  3. このCDに入っている曲は鄭衛桑間、国を亡ぼすといわれている呪われた曲ですが、聴いてみる勇気がある人はいますか?
  4. 今ラジオで流れている曲は鄭衛桑間だから、すぐに放送を中止していただきたい。
  5. 世紀末になり、鄭衛桑間が再び若者の間で流行し始めていて、戦争を経験した世代は危機感を募らせています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事