天長地久【てんちょうちきゅう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
天長地久

【読み方】
てんちょうちきゅう

【意味】
天地の存在が永久であるように、物事がいつまでも続くことのたとえ。

【語源・由来】
「天」と「地」がともに「長」であり、「久」であるという互文。(双方が補い合って意味を完成する表現方法。)

「老子(ろうし)」七 より出典。
「天(てん)は長(なが)く地(ち)は久(ひさ)し」と訓読する。

【類義語】
・天壌無窮(てんじょうむきゅう)
・天地無窮(てんちむきゅう)
・百載無窮(ひゃくさいむきゅう)

【英語訳】
Heaven and earth are eternal.
coeval with heaven and earth.

【スポンサーリンク】

天長地久(てんちょうちきゅう)の使い方

ともこ
健太くんは、なにをお願いしたの?
健太
みんなが健康で平和に暮らせますようにとお願いしたよ。ともこちゃんは、なにをお願いしたんだい?
ともこ
私も、天長地久の平和とみんなの幸せをお願いしたわ。
健太
ぼくたちは、同じことを考えていたんだね。

天長地久(てんちょうちきゅう)の例文

  1. 願うことなんて、ひとつしかないだろう。天長地久の平和が続くこと以外には考えられないよ。
  2. 遠く離れた土地から、天長地久の幸せを君のために願っているよ。
  3. 初詣へは、親戚一同で集まって行くと決まっている。そして、天長地久の繁栄をお願いすることをずっと続けている。
  4. 僕が願うことは、天長地久で君に幸あれということだけだよ。

まとめ

天長地久というように、物事が永遠に続くことは大切なことではないでしょうか。
特に、平和や長寿、繁栄などが続くことは、とても幸せなことでしょう。
天地の存在が永久であるように、幸せも永久に続くことを願いたいものですね。
人々が安心して平和に暮らすためには、思いやりの心を持つことが大切なのではないでしょうか。
天長地久の平和について、考えてみたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事