当代無双【とうだいむそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
当代無双

【読み方】
とうだいむそう

【意味】
今の世、またはその時代において、並ぶ者がないほど優れていること。

【語源・由来】
「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「無双」は、並ぶ者がない。また、それほど優れていること。

【典拠・出典】

【類義語】
海内無双(かいだいむそう)
国士無双(こくしむそう)
天下一品(てんかいっぴん)
天下第一(てんかだいいち)
天下無双(てんかむそう)
天下無敵(てんかむてき)
・天下無類(てんかむるい)
当代第一(とうだいだいいち)


当代無双(とうだいむそう)の使い方

ともこ
健太くん。空手道教室は通い続けているの?
健太
うん。幼稚園の頃からずっと通っているよ。
ともこ
幼稚園の頃神童だ、当代無双の空手家になるぞって言われていたわよね。
健太
大きくなった今では、ただの凡人だよ。

当代無双(とうだいむそう)の例文

  1. 健太くんは、当代無双の陶芸家の作品を割ってしまった。
  2. 当代無双なともこちゃんは、金メダル間違いなしと言われています。
  3. 今のところ負けなしのともこちゃんのチームは、当代無双の策略家であるともこちゃんが監督である限り、これからも負けないだろう。
  4. 健太くんの御先祖様は、当代無双の剣豪と恐れられていた。
  5. 健太くんは見知らぬ強そうな人に、当代無双は二人いたらおかしい、勝負をしようと戦いを挑まれた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索