国士無双【こくしむそう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
国士無双

【読み方】
こくしむそう

【意味】
国の中で並ぶものがいないほど、すぐれた人のこと。

【語源・由来】
「国士(こくし)」とは、国の中で傑出したひとのこと。
「無双(むそう)」とは、この世に二つとない、並ぶことができないということ。
「双(そう)」とは、並ぶ、匹敵するということ。

「史記(しき)」淮陰侯伝(わいいんこうでん)より出典。
もと中国漢の蕭何(しょうか)が、後に軍の指揮官として漢王朝の成立に大功をあげた、韓信(かんしん)を評して、劉邦に推薦したときに「彼は国士無双である」といったとされることから由来している。

【類義語】
・天下無双(てんかむそう)
・海内無双(かいだいむそう)
・天下一品(てんかいっぴん)
・天下第一(てんかだいいち)
・天下無敵(てんかむてき)
・天下無類(てんかむるい)
・当代第一(とうだいだいいち)
・当代無双(とうだいむそう)

【英語訳】
thirteen grades of imperial treasure.
person of great caliber unparalleled in the land.
person of unsurpassed distinction.

【スポンサーリンク】

国士無双(こくしむそう)の使い方

健太
彼はとても勇敢でやさしくて、国士無双だと思うよ。
ともこ
そうね。困っている時には、すぐに手を貸してくれたわ。
健太
彼のような人になりたいと思うよ。
ともこ
なれるといいわね。

国士無双(こくしむそう)の例文

  1. 国士無双の彼が国を治めると、国民は安心して暮らせるだろう。
  2. 国士無双という英雄が現れたと、村では噂になっている。
  3. 誰でもいいわけではない。国士無双の彼だからこそ、みんなが信頼しているんだ。
  4. 国士無双の存在には、簡単にはなることはできない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事