海内無双【かいだいむそう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
海内無双

【読み方】
かいだいむそう

注意 「海内」を「かいない」と読むのは誤りです。「内」を「ダイ」と読むのは漢音読みです。
日本漢字能力検定
3級

【意味】
この世に並ぶもの(比べる人)がないほど優れていること。

【語源由来】
「海内」は四海の内という意味から転じて世界や国内、この世、天下の意味で、「無双」は並ぶものがない、比べることができない、対比できない、二つとないこと、匹敵するものがないという意味です。

【類義語】
挙世無双(きょせいむそう)
国士無双(こくしむそう)
古今独歩(ここんどっぽ)
天下第一(てんかだいいち)
天下無双(てんかむそう)
寡二少双(かじしょうそう)
挙世無双(きょせいむそう)
古今無双(ここんむそう)
古今無比(ここんむひ)
古今無類(ここんむるい)
天下一品(てんかいっぴん)
天下無敵(てんかむてき)
天下無比(てんかむひ)
天下無類(てんかむるい)
当代第一(とうだいだいいち)
当代無双(とうだいむそう)
斗南一人(となんのいちに)
非常之人(ひじょうのひと)

【英語訳】
unparalleled in the whole country

【スポンサーリンク】

海内無双(かいだいむそう)の使い方

ともこ
隣のクラスの山田君、全国模試で1位を取ったらしいよ!
健太
すごいね、まさに海内無双の天才だよ。
ともこ
東大確実だと言われているらしいよ。
健太
うらやましいな、僕も一度でいいからそんな天才になってみたいな。

海内無双(かいだいむそう)の例文

  1. あの横綱は海内無双の力士と言われています。
  2. 日本の戦国時代における海内無双の人物といえば、人は織田信長を挙げるのではないだろうか。
  3. 富士山は高さ、美しさ、いずれの視点でも海内無双の山です。
  4. 海内無双の天才と呼ばれています。
  5. あの野球選手は海内無双の運動神経を持っています。

まとめ

海内無双(かいだいむそう)は「この世に並ぶもの(比べる人)がないほど優れていること」の意味です。
「海内」は四海の内という意味から転じて世界や国内、この世、天下の意味で、「無双」は並ぶものがない、比べることができない、対比できない、二つとないこと、匹敵するものがないという意味です。
なお、「海内」を「かいない」と読むのは誤りで、「内」を「ダイ」と読むのは漢音読みです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事