是生滅法【ぜしょうめっぽう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
是生滅法

【読み方】
ぜしょうめっぽう

日本漢字能力検定
3級

【意味】
生ある者は必ず滅びる。

【語源・由来】
『涅槃経』「十四」より。仏教で万物は常住することなく変転し、生きている者は必ず死ぬという思想。

【類義語】
・生者必滅(しょうじゃひつめつ)
・諸行無常(しょぎょうむじょう)


是生滅法(ぜしょうめっぽう)の使い方

健太
おじいちゃんが、昨日の夜亡くなったんだ。
ともこ
それは悲しいわね。
健太
おじいちゃんは是生滅法だから、そんなに悲しむことはないって言っていたんだ。
ともこ
確かにそうよね。是生滅法の定めから逃れられる人はいないわ。この短い一生を楽しみましょう。

是生滅法(ぜしょうめっぽう)の例文

  1. 是生滅法と分かっていても死に直面するのはつらいです。
  2. 人の命は是生滅法、私がこん睡状態に陥っても無駄な延命措置はしないでほしい。
  3. 是生滅法の定めを恨んでしまうほどに、ずっと一緒にいたいと思えた君と出会えてよかった。
  4. 今は小さいこの子犬も、是生滅法の定めに従って、僕より早くあの世に旅立ってしまうんだな。
  5. 是生滅法の定めは知っているけれども、いくら何でも健太が不治の病だなんて、あの子はまだ小さいのに。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事