CATEGORY 「ね」で始まる四字熟語

「ね」で始まる四字熟語

燃眉之急【ねんびのきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 燃眉之急 【読み方】 ねんびのきゅう 【意味】 危険が非常にさし迫っていること。 【語源・由来】 眉が燃えるほど火が迫って危ないこと。 【類義語】 ・焦眉之急(しょうびのきゅう) 燃眉之急(ねんびのきゅう)…

「ね」で始まる四字熟語

燃犀之明【ねんさいのめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 燃犀之明 【読み方】 ねんさいのめい 【意味】 物事の本質を明らかに見抜く見識があることのたとえ。 【語源・由来】 『晋書』「温嶠伝」より。「犀」はさいのことだが、ここではさいの角を示す。「燃犀」は暗い所を…

「ね」で始まる四字熟語

年災月殃【ねんさいげつおう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 年災月殃 【読み方】 ねんさいげつおう 【意味】 最も不幸な日のこと。 【語源・由来】 『還魂記』「詗薬」より。「年災」は天災で穀物が実らないこと。「殃」はわざわい・とがめ・天罰。 年災月殃(ねんさいげつお…

「ね」で始まる四字熟語

拈華微笑【ねんげみしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 拈華微笑 【読み方】 ねんげみしょう 【意味】 言葉によらず、心から心へ伝えること。 【語源・由来】 「拈華」は華を指で拈ること。釈迦が弟子に説法しているとき、蓮の花をひねって見せたが、弟子たちはその意味が…

「ね」で始まる四字熟語

涅槃寂静【ねはんじゃくじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 涅槃寂静 【読み方】 ねはんじゃくじょう 【意味】 涅槃は苦しみのない安穏な理想郷であるということ。 【語源・由来】 「涅槃」は煩悩を脱して永遠の生命を得ること。 涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)の使い方 涅…

「ね」で始まる四字熟語

熱願冷諦【ねつがんれいてい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 熱願冷諦 【読み方】 ねつがんれいてい 【意味】 熱心に願うことと冷静に本質を見つめること。 【語源・由来】 「諦」は明らかによく見る。 熱願冷諦(ねつがんれいてい)の使い方 熱願冷諦(ねつがんれいてい)の…

「ね」で始まる四字熟語

念仏三昧【ねんぶつざんまい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 念仏三昧 【読み方】 ねんぶつざんまい 【意味】 心を静かにして、一心に仏を思い浮かべること。また、それによって得られる心の安らぎ。さらに、ひたすら念仏(南無阿弥陀仏)を唱え、それにより雑念妄想を取り払うこ…

「ね」で始まる四字熟語

年百年中【ねんびゃくねんじゅう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 年百年中 【読み方】 ねんびゃくねんじゅう 【意味】 一年中いつも。常に。始終。俗にいう、年がら年中の意。 【類義語】 ・年頭月尾(ねんとうげつび) 年百年中(ねんびゃくねんじゅう)の使い方 年百年中(ねん…

「ね」で始まる四字熟語

年年歳歳【ねんねんさいさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 年年歳歳 【読み方】 ねんねんさいさい 【意味】 毎年毎年。この年も明くる年も。 【語源・由来】 劉希夷「代悲白頭翁」より。 【類義語】 ・歳歳年年(さいさいねんねん) 年年歳歳(ねんねんさいさい)の使い方…