CATEGORY 「や」で始まる四字熟語

「いつも」の四字熟語一覧

薬籠中物【やくろうちゅうのもの】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 薬籠中物 【読み方】 やくろうちゅうのもの 【意味】 いつも薬箱に入っていて、いつでも使える常備薬という意から、必要に応じて使うことのできる、身につけた知識や技術のこと。また、手なずけてあって、自分の言うこ…

「や」で始まる四字熟語

野蛮草昧【やばんそうまい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 野蛮草昧 【読み方】 やばんそうまい 【意味】 文化が遅れ、世の秩序が乱れていること。 【語源・由来】 「野蛮」は、人知が開けず、文化の遅れていること。「草昧」は、世の秩序が乱れたままで、天下の定まらないと…

「や」で始まる四字熟語

野卑滑稽【やひこっけい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 野卑滑稽 【読み方】 やひこっけい 【意味】 下品でいやしく、常識をはずれていてばかばかしい感じがすること。 【語源・由来】 「野卑」は、粗野で下品なこと。いやしいこと。「滑稽」は、常識をはずれていて、ばか…

「や」で始まる四字熟語

野無遺賢【やむいけん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 野無遺賢 【読み方】 やむいけん 【意味】 すぐれた人物はすべて官について民間に残っていない。人材が集まって正しい政治が行われていることをいう。 【語源・由来】 「野」は民間の意。 【典拠・出典】 「書経」…

「や」で始まる四字熟語

山雀利根【やまがらりこん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 山雀利根 【読み方】 やまがらりこん 【意味】 広く世の中を知ることはせず、自分の知っていることだけにこだわることのたとえ。 【語源・由来】 やまがらは一つの芸を覚えることはできても、それを応用することがで…

「や」で始まる四字熟語

野戦攻城【やせんこうじょう】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 野戦攻城 【読み方】 やせんこうじょう 【意味】 野原や平地で戦い、城を攻めること。 【典拠・出典】 『史記』「廉頗藺相如伝」 【類義語】 ・攻城野戦(こうじょうやせん) 野戦攻城(やせんこうじょう)の使い…

「や」で始まる四字熟語

約法三章【やくほうさんしょう】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 約法三章 【読み方】 やくほうさんしょう 【意味】 中国漢の高祖劉邦が作り、民衆に約束した三つの法律のこと。後に転じて、物事を行う際に、事前に決めておく簡単な約束事・規則のことをいう。また、簡単な法律の総称…

「や」で始まる四字熟語

薬石無効【やくせきむこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 薬石無効 【読み方】 やくせきむこう 【意味】 薬や医者の治療もききめがないこと。 【語源・由来】 「薬石」は病気を治す薬と石で作った漢方の針のこと。 【典拠・出典】 宣宗 薬石無効(やくせきむこう)の使い…

「や」で始まる四字熟語

冶金踊躍【やきんようやく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 冶金踊躍 【読み方】 やきんようやく 【意味】 自分が置かれている立場に安んじることができないたとえ。 【語源・由来】 るつぼの中ではねあがって、外へ出ようとすること。 【典拠・出典】 『荘子』「大宗師」 …

「や」で始まる四字熟語

夜雨対牀【やうたいしょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 夜雨対牀 【読み方】 やうたいしょう 【意味】 兄弟関係や友人関係が良好で、仲むつまじいことのたとえ。夜、雨の音を聞きながら、兄弟が寝台を並べて仲よく眠るという意味から。 【語源・由来】 「牀」は寝床、寝台…

「や」で始まる四字熟語

夜郎自大【やろうじだい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 夜郎自大 【読み方】 やろうじだい 【意味】 自分の力量を知らずに、いばっている者のたとえ。 【語源・由来】 「夜郎」は中国漢の時代の西南の地にあった未開部族の国の名。「自大」は自らいばり、尊大な態度をとる…