一刻千秋【いっこくせんしゅう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
一刻千秋

【読み方】
いっこくせんしゅう

【意味】
ほんのわずかな時間が、千年に思えるほどに待ち遠しいこと。

【類義語】
・一日三秋(いちじつさんしゅう)
・三秋之思(さんしゅうのおもい)
・十年一日(じゅうねんいちじつ)
・一日千秋(いちじつせんしゅう)


一刻千秋(いっこくせんしゅう)の使い方

ともこ
やっと来たあ。
健太
何が来たの?
ともこ
メールの返事がやっと来たの。一刻千秋の思いで待っていたのよ。
健太
メールごときで大げさだなあ。

一刻千秋(いっこくせんしゅう)の例文

  1. 健太くんに再び会うのを一刻千秋の思いで待った。
  2. 小さい頃は、両親が共働きだったので、帰ってくるのを一刻千秋の思いで待ったものだ。
  3. 一刻千秋の思いでこの日が来るのを待っていたよ。
  4. お腹がすきすぎて、一刻千秋の思いで授業終了のチャイムを待つ。
  5. 楽しい時が過ぎるのはあっという間なのに、待っている時は一刻千秋の思いだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事