一挙両得【いっきょりょうとく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
一挙両得

【読み方】
いっきょりょうとく

日本漢字能力検定
5級

【意味】
一つの行動で二つの利益を得ること。また、少ない労力で多くの利益を得ること。

【語源・由来】
「一挙」は、一つの動作・行動の意。「両得」は、二つの利益。

【類義語】
・一挙両全(いっきょりょうぜん)
・一石二鳥(いっせきにちょう)
・一箭双雕(いっせんそうちょう)
・一挙両利(いっきょりょうり)

【対義語】
・一挙両失(いっきょりょうしつ)

【英語訳】
serving two ways

英語例文
一挙両得をねらう aim to kill two birds with one stone./try to make something serve two purposes(ends).
【スポンサーリンク】

一挙両得(いっきょりょうとく)の使い方

ともこ
試験の結果で成績もあがり、おばあちゃんにお菓子もお小遣いももらった。
健太
一挙両得だったね。ぼくは言動と、書き方で二つのことが手に入るようにしてみる。
ともこ
ひとつのことで、二つ同時にできたら覚えるのもはやくできるね。
健太
そうだね。運動も勉強も生活もすべてに活用できるからね。

一挙両得(いっきょりょうとく)の例文

  1. 旅行で知り合いになった人の家により、当地の産業を教えてもらい、まさに一挙両得であった。
  2. 健康診断の検査結果にいき、思わぬことに早期発見、一挙両得でした。
  3. 庭掃除のかたわら堆肥が作れるなら、一挙両得だ。
  4. 野菜の屑は生ゴミにださなくて、学校にもっていくとウサギの餌になる、一挙両得だ。
  5. 荷物運びのアルバイトをし、からだは鍛えられるしお金はもらえるし、一挙両得です。

まとめ

一挙両得(いっきょりょうとく)とは、普段の生活でよくつかわれる四字熟語で、仕事でも、スポーツでも、ひとつのことをふたつの利益を得ること。少ない労力で、多くの実を得ることのたとえであり、生活面では、外出に車を使わずにガソリン代の節約をして、健康にもよく一挙両得といえる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事