人生朝露【じんせいちょうろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
人生朝露

【読み方】
じんせいちょうろ

【意味】
人の一生は、日が出ればすぐに乾いてしまう朝の露のようである。人生はかないことのたとえ。

「人生」は、人の一生。「朝露」は、朝の露。

【語源・由来】
『漢書』「蘇武伝」

【類義語】
・槿花一日(きんかいちじつ)
・槿花一朝(きんかいっちょう)
・黄梁一炊(こうりょういっすい)
・浮生若夢(ふせいじゃくむ)
・電光朝露(でんこうちょうろ)
・飛花落葉(ひからくよう)


人生朝露(じんせいちょうろ)の使い方

ともこ
健太くん。毎日、毎日、寝てばかりじゃ人生勿体ないわよ。
健太
人生100年の時代だよ。30年くらいぼんやりしてても大丈夫だよ。
ともこ
人生朝露の如しというわよ。いつはかなく終わってしまうかわからないのよ。
健太
それは困るぞ!

人生朝露(じんせいちょうろ)の例文

  1. ともこちゃんは、若い健太くんの死を知り、人生朝露の如しだと思った。
  2. 健太くんは、人生朝露の如しというのだから、今をエンジョイしなくていつするんだと屁理屈をいう。
  3. ともこちゃんは、人生朝露の如しという言葉を胸に、一瞬一瞬を大事に生きている。
  4. また明日と言ってた健太くんが、事故で亡くなるなんて、人生朝露の如し。
  5. 人生朝露の如し、若いからと言っても一寸先は闇、終活はお年寄りだけのものじゃない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事