雷陳膠漆【らいちんこうしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
雷陳膠漆

【読み方】
らいちんこうしつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
友情が深く堅いこと。

【語源・由来】
『後漢書』「雷義伝」より。中国、後漢の雷義と陳重の友情は、膠や漆が固まると堅くなる以上に、確固とした深いものであるという故事から。

【類義語】
・管鮑之交(かんぽうのまじわり)
・金蘭之契(きんらんのけい)
・膠漆之交(こうしつのまじわり)
・膠漆之約(こうしつのやく)
・水魚之交(すいぎょのまじわり)
・耐久之朋(たいきゅうのとも)
・断金之交(だんきんのまじわり)
・莫逆之友(ばくぎゃくのとも)
・刎頸之交(ふんけいのまじわり)


雷陳膠漆(らいちんこうしつ)の使い方

健太
ともこちゃん。僕たちの友情は雷陳膠漆でしょう?
ともこ
そうね。どうかしたの?
健太
あの子に告白したいんだけど、代わりに伝えてくれる?
ともこ
告白のような大事なことは、自分でした方がいいと思うわ。雷陳膠漆の友情だから健太くんの良さは誰よりも知っているわ。自信をもって。

雷陳膠漆(らいちんこうしつ)の例文

  1. 先生と父さんは雷陳膠漆の仲なので、学校での行いはつつぬけです。
  2. 健太くんとは雷陳膠漆の友情で結ばれています。
  3. 雷陳膠漆の仲である健太くんとの友情は、離れていても変わりません。
  4. 小さいころから姉妹のように遊んでいたともこちゃんとは、雷陳膠漆の仲です。
  5. 雷陳膠漆の友情で結ばれたともこちゃんが、僕を裏切ることはありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事