青雲之志【せいうんのこころざし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
青雲之志

【読み方】
せいうんのこころざし

【意味】
徳をみがいて立派な人物になろうとする志。また、立身出世しようとする功名心。

【語源・由来】
「青雲」は雲の上の青い空という意味から、高位・高官、立身出世のこと。

【典拠・出典】
王勃「滕王閣序」

【類義語】
鴻鵠之志(こうこくのこころざし)
凌雲之志(りょううんのこころざし)
凌霄之志(りょうしょうのこころざし)


青雲之志(せいうんのこころざし)の使い方

ともこ
健太くんのお兄ちゃんは、なんでわざわざアメリカの大学に入学したの?
健太
兄さんは青雲之志をもってアメリカに旅立ったんだ。アメリカンドリームをつかみ取るんだって言っていたよ。
ともこ
へえ。成功するといいわね。
健太
本当にね。兄さんは英語を話せないから、そこが心配なんだよ。

青雲之志(せいうんのこころざし)の例文

  1. 健太くんは、入社した時から青雲之志を抱いていました。
  2. 青雲之志をもって社会に羽ばたこう。
  3. 新成人諸君は、もう投票する権利を持っている大人なので、青雲之志を抱いてより良い日本を目指してがんばってください。
  4. Boys, be ambitious.青雲之志をもって世に出よう。
  5. 青雲之志を持っている健太くんは、自分の出世のために社長令嬢と結婚することにしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索