大悪無道【たいあくむどう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
大悪無道

【読み方】
たいあくむどう

【意味】
道徳にそむく、きわめてひどい悪い行い。

「大悪」は、きわめて悪いこと。「無道」は、道徳にそむくこと。

【類義語】
・悪逆非道(あくぎゃくひどう)
・悪逆無道(あくぎゃくむどう)
・極悪狂猛(ごくあくきょうもう)
・極悪大罪(ごくあくたいざい)
・極悪非道(ごくあくひどう)
・極悪無道(ごくあくむどう)
・大逆非道(たいぎゃくひどう)
・大逆無道(たいぎゃくむどう)
・無法千万(むほうせんばん)
・無理非道(むりひどう)


大悪無道(たいあくむどう)の使い方

ともこ
健太くんは。大人になったらどんな職業に就くの?
健太
大悪無道を許せないから、警察官になりたいんだ。
ともこ
いいわね。健太くんは空手の有段者だし、ふさわしいとおもうわ。
健太
大悪無道を根絶やしにするよ。

大悪無道(たいあくむどう)の例文

  1. 健太くんは、大悪無道は絶対に許すべきではないと感じている。
  2. 鬼の立場から見ると、桃太郎は、結構大悪無道だったりする。
  3. 動物を遺棄することは、大悪無道なことで、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処される。
  4. 健太くんのやることなすこと大悪無道ばかりで、あだ名は魔王だった。
  5. 戦争中は、大悪無道なことばかりだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事