残虐無動【ざんぎゃくむどう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
残虐無動

【読み方】
ざんぎゃくむどう

【意味】
道徳にそむいてむごたらしいこと。

「残虐」は、むごたらしいこと。「残」は、ここでは、思いやりがない。「無道」「非道」は、道徳にそむいていること。

【類義語】
・残酷非道(ざんこくひどう)
・残忍酷薄(ざんにんこくはく)
・残忍薄行(ざんにんはっこう)
・残忍非道(ざんにんひどう)
・残忍冷酷(ざんにんれいこく)
・暴虐非道(ぼうぎゃくひどう)


残虐無動(ざんぎゃくむどう)の使い方

ともこ
健太くん。残虐無動なニュースが多いわね。
健太
そうだね。悲しくなってくるね。
ともこ
残虐無動な事件をなくすにはどうしたらいいのかしら。
健太
思いやりの心を育てることだよね。

残虐無動(ざんぎゃくむどう)の例文

  1. 横断中の歩行者に車で突っ込むという、残虐無動な事件が秋葉原で起きた。
  2. 戦争中、おじいちゃんは、残虐無動な行為をあちこちで見たという。
  3. クジラを食べるなんて残虐無動だという国もあれば、食文化だという国もある。
  4. どんどん残虐無動になっていく未成年の犯罪に、厳罰化の声が上がっている。
  5. 中学受験に失敗したからといって、実の子を殺すなんて、残虐無動な事件だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事