時雨之化【じうのか】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
時雨之化

【読み方】
じうのか

【意味】
いつくしみ深い君主の教化が及ぶことのたとえ。有徳者や聖人の教えが、人民に広がっていくこと。

【語源・由来】
ほどよい時に降る雨が草木を育成させるという意味から転じた。

【典拠・出典】
孟子』「尽心・上」

【類義語】
垂拱之化(すいきょうのか)
・垂拱之治(すいきょうのち)
草偃風従(そうえんふうじゅう)


時雨之化(じうのか)の使い方

健太
日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担う大臣がパソコンを使ったことが無いとか、他人の名前を読み間違えるとか、ありえないよね。
ともこ
日本慈雨之化を得る日は来るのかしら。
健太
政治家同士の蹴落としあいに忙しくて、国民のことは考えていないのかもしれない。立派な政治家はきっといないんだ。
ともこ
悲しい事実ね。

時雨之化(じうのか)の例文

  1. 健太くんの担任の先生は徳のあるひとだったので、時雨之化を得て健太くんの成績は伸びていきました。
  2. 時雨之化を得た国民は、穏やかな生活を得て、国はさらに栄えました。
  3. 先生の指導は、まさに時雨之化で、生徒たちは心優しい笑顔あふれる子供たちになりました。
  4. あの空手の先生がいたときは、時雨之化を得て、空手が大好きな礼儀正しい子たちばかりだったのに。
  5. 良き師と出会い、時雨之化を得て伸び伸びと育ってくれることを望みます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索