鳳凰来儀【ほうおうらいぎ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鳳凰来儀

「鳳皇来儀」とも書く。

【読み方】
ほうおうらいぎ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
世の中が太平なことのたとえ。

【語源・由来】
『書経』「益謖」より。「鳳凰」は麒麟とともに、古くから聖天子の世に現れるといわれる瑞鳥。「来儀」は鳳凰が聖徳に感じて飛来し、立派な姿でいること。


鳳凰来儀(ほうおうらいぎ)の使い方

ともこ
鳳凰来儀の時代に生まれてよかったわよね。
健太
そうだね。戦争中だといろんなことが制限されてしまうからね。
ともこ
せっかくこんなに自由な時代に生まれたのだから、健太くんはもっと勉強をして社会に役に立つべきよ。
健太
そうだね。昨日のテストで0点をとったんだけど反省しているよ。

鳳凰来儀(ほうおうらいぎ)の例文

  1. 多くの人の犠牲の上で勝ち取った鳳凰来儀なのだから、守っていかなくてはいけません。
  2. 鳳凰来儀のために、世界中の人と仲良くしましょう。
  3. 永久に鳳凰来儀であるために武力を放棄することを宣言します。
  4. 有能な首相のおかげで、わが国に鳳凰来儀、平和が訪れました。
  5. 未来永劫の鳳凰来儀を誓って、私たち若者は努力をすることに依存はありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事