CATEGORY 「噂」の四字熟語一覧

「よ」で始まる四字熟語

妖言惑衆【ようげんわくしゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 妖言惑衆 【読み方】 ようげんわくしゅう 【意味】 あやしげなことを言いふらして多くの人を惑わせること。 【語源・由来】 「妖言」は世の人を惑わすあやしい流言。 【典拠・出典】 『三国志』「魏志・刑罰志」 …

「ふ」で始まる四字熟語

聞風喪胆【ぶんぷうそうたん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 聞風喪胆 【読み方】 ぶんぷうそうたん 【意味】 うわさや評判を聞いて驚きびっくりすること。 【語源・由来】 「聞風」はうわさを耳にすることで、風聞と同じ意味。「喪胆」は胆をつぶす。びっくりすること。どこか…

「ふ」で始まる四字熟語

物論囂囂【ぶつろんごうごう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 物論囂囂 【読み方】 ぶつろんごうごう 【意味】 世間のうわさが騒がしいこと。 【語源・由来】 「物論」は世の中のうわさ・世間の評判のこと。「囂囂」は多くの声が騒がしいという意味。 【典拠・出典】 - 【類…

「は」で始まる四字熟語

吠影吠声【はいえいはいせい】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 吠影吠声 【読み方】 はいえいはいせい 【意味】 根拠がないようなことでも、誰かが言い始めると世間の人がさも本当のことのように言い広めること。 【典拠・出典】 『潜夫論』「賢難」 【類義語】 ・吠形吠声(は…

「そ」で始まる四字熟語

曾母投杼【そうぼとうちょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 曾母投杼 【読み方】 そうぼとうちょ 【意味】 誤ったうわさも多くの人が口にしているうちに誰でも信じるようになるたとえ。 【語源・由来】 「曾母」は曾参の母のこと。曾参は春秋時代、魯の人で親孝行で知られ。「…

「そ」で始まる四字熟語

曾参殺人【そうしんさつじん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 曾参殺人 【読み方】 そうしんさつじん 【意味】 誤ったうわさも多くの人が口にしているうちに誰でも信じるようになるたとえ。 【語源・由来】 曾参は春秋時代、魯の人で親孝行で知られ、「孝経」の作者ともいわれる…

「そ」で始まる四字熟語

造言蜚語【ぞうげんひご】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 造言蜚語 【読み方】 ぞうげんひご 【意味】 根拠のないでたらめなうわさ。 【語源・由来】 「造言」は根も葉もないでたらめ、つくりごと。「蜚語」は誰がいうともなく伝わった根拠のないうわさ、流言のこと。 【典…

「し」で始まる四字熟語

市虎三伝【しこさんでん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 市虎三伝 【読み方】 しこさんでん 【意味】 事実でないことでも、多くの人がいうと、聞く者もいつかは信じるようになる。根拠のない嘘も、ついに信用されることのたとえ。 【典拠・出典】 『戦国策』「魏策・秦策」…

「さ」で始まる四字熟語

三人成虎【さんにんせいこ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 三人成虎 【読み方】 さんにんせいこ 【意味】 噓や噂が多くの人の話題になれば、みんながそれを信じてしまい、真実のようになってしまうということ。 【語源・由来】 「三人、虎を成す」と読み下す。 【典拠・出典…

「き」で始まる四字熟語

貴耳賤目【きじせんもく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 貴耳賤目 【読み方】 きじせんもく 【意味】 伝聞やうわさを軽々と信じて、実際に自分の目で見ているものを信じないこと。また、伝え聞いた遠くのことや過去のことは重んじるが、身近なことや現在のことは軽視すること…

「ゆ」で始まる四字熟語

邑犬群吠【ゆうけんぐんばい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 邑犬群吠 【読み方】 ゆうけんぐんばい 【意味】 小人がこぞって集まり、人のうわさなどを盛んに言い合うことの形容。また、小人が多く賢人を非難するたとえ。村里にすむ犬が群がって吠えるという意から。「邑」は村里…

「こ」で始まる四字熟語

好評嘖嘖【こうひょうさくさく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 好評嘖嘖 【読み方】 こうひょうさくさく 【意味】 非常に評判のよいさま。 【語源・由来】 「嘖嘖」は口々にうわさするさま。評判するさま。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・名声赫赫(めいせいかくかく) 【…

「と」で始まる四字熟語

道聴塗説【どうちょうとせつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】 道聴塗説 【読み方】 どうちょうとせつ 【意味】 知識などの理解がいい加減で、しっかり自分のものになっていないこと。 また、根拠のない伝聞のこと。受け売り。 【語源・由来】 「塗」「道」とは、道路のこと。 …

「し」で始まる四字熟語

揣摩臆測【しまおくそく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 揣摩臆測 【読み方】 しまおくそく 【意味】 根拠もないのに、自分だけで勝手に推測すること。 自分だけの判断で物事の状態や他人の心中などを推量すること。 明確な根拠もなく、自分だけの想像で、物事の状況や人の…