CATEGORY 「み」で始まる四字熟語

「み」で始まる四字熟語

名聞利養【みょうもんりよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 名聞利養 【読み方】 みょうもんりよう 【意味】 名誉と財欲に執着すること。 【語源・由来】 『菩提心論』より。「名聞」は世間の評判。「利養」は財を得て身を肥やすこと。 名聞利養(みょうもんりよう)の使い方…

「み」で始まる四字熟語

妙法一乗【みょうほういちじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 妙法一乗 【読み方】 みょうほういちじょう 【意味】 法華経の教え。 【語源・由来】 『本朝文粋』「一〇」より。 妙法一乗(みょうほういちじょう)の使い方 妙法一乗(みょうほういちじょう)の例文 妙法一乗は…

「み」で始まる四字熟語

名詮自性【みょうせんじしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 名詮自性 【読み方】 みょうせんじしょう 【意味】 名はそのものの本質を表すということ。名称と実体とが相応ずること。 【語源・由来】 『成唯識論』「二」より。「詮」は備える意。「自性」は自らの性質の意。仏教…

「み」で始まる四字熟語

名字帯刀【みょうじたいとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 名字帯刀 【読み方】 みょうじたいとう 【意味】 江戸時代、平民が家柄や功労によって姓を名のり、刀をさすことを許されたこと。庄屋や豪商など。 【類義語】 ・名字御免(みょうじごめん) ・帯刀御免(たいとうご…

「み」で始まる四字熟語

三日天下【みっかてんか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 三日天下 【読み方】 みっかてんか 「みっかでんか」とも読む。 【意味】 権力を握っている期間が、きわめて短いことの形容。 【語源由来】 戦国時代、明智光秀が本能寺で織田信長を討って天下をとったが、十数日で…