CATEGORY 「兼ね備える」の四字熟語一覧

「こ」で始まる四字熟語

好学尚武【こうがくしょうぶ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 好学尚武 【読み方】 こうがくしょうぶ 【意味】 文武をそろって好み尊ぶこと。 【語源・由来】 「好学」は、学問を好むこと。「尚武」は、武芸を尊び重んじること。「尚」は、とうとぶ。 【典拠・出典】 - 【類…

「ふ」で始まる四字熟語

文武兼備【ぶんぶけんび】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 文武兼備 【読み方】 ぶんぶけんび 【意味】 学問と武術の両方の能力を兼ね備えていること。 【語源・由来】 「文武」は、学問と武術。「兼備」は、兼ね備えていること。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・好学尚…

「く」で始まる四字熟語

君子殉名【くんしじゅんめい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 君子殉名 【読み方】 くんしじゅんめい 【意味】 立派な人は、名誉のために自身を犠牲にする。 【語源・由来】 「君子」は、高い身分の人。人格が立派な人。徳が高くて品位のそなわった人。「殉名」は名誉のために、…

「し」で始まる四字熟語

出将入相【しゅっしょうにゅうしょう】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 出将入相 【読み方】 しゅっしょうにゅうしょう 【意味】 文武の才を兼ね備えた人物のたとえ。朝廷から出れば将軍として軍を指揮し、朝廷の中にいれば宰相として力を発揮する。 【典拠・出典】 『旧唐書』「李徳裕伝…

「し」で始まる四字熟語

志士仁人【ししじんじん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 志士仁人 【読み方】 ししじんじん 【意味】 志のある人や仁徳者。学徳ともにそなえた立派な人。 【語源・由来】 「志士」は道や学問に志をもつ人、「仁人」は徳のある人。 【典拠・出典】 『論語』「衛霊公」 志…

「こ」で始まる四字熟語

功徳兼隆【こうとくけんりゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 功徳兼隆 【読み方】 こうとくけんりゅう 【意味】 成し遂げた事績と備わっている人徳とがきわめて盛んなこと。 【語源・由来】 「功徳」は功績と人徳。「兼隆」は盛んな様子。中国の唐の皇帝の太宋を褒め称えた言葉…

「き」で始まる四字熟語

金声玉振【きんせいぎょくしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 金声玉振 【読み方】 きんせいぎょくしん 【意味】 才知や人徳が調和して、よく備わっているたとえ。すぐれた人物として大成することをいう。本来、鐘を鳴らして音楽を始め、磬を打って音楽をまとめ収束する意。 【語…

「こ」で始まる四字熟語

虎豹之文【こひょうのぶん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 虎豹之文 【読み方】 こひょうのぶん 【意味】 才能と知恵のどちらもある人は、才能と知恵があるために災いを招くということのたとえ。 【語源・由来】 虎や豹は美しい毛皮を持っているため、狩りをする気を起こさせ…

「い」で始まる四字熟語

允文允武【いんぶんいんぶ】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 允文允武 【読み方】 いんぶんいんぶ 【意味】 武道・学芸、ともにすぐれていること。もと文武を兼ね備えた天子の徳をたたえたことば。 【典拠・出典】 『詩経』「魯頌」 【類義語】 ・経文緯武(けいぶんいぶ) …

「わ」で始まる四字熟語

和洋折衷【わようせっちゅう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 和洋折衷 【読み方】 わようせっちゅう 【意味】 日本と西洋の儀式を取り合わせること。また、そのもの。 【語源・由来】 「折衷」は、いろいろな物は意見の両極端を捨てて、ほどよく調和させること。 【典拠・出典…

「わ」で始まる四字熟語

和魂漢才【わこんかんさい】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 和魂漢才 【読み方】 わこんかんさい 【意味】 日本固有の精神を持ちながら、中国伝来の学問の才をそなえもつこと。 【典拠・出典】 菅原道真「菅家遺誡」 【類義語】 ・和魂洋才(わこんようさい) 和魂漢才(わ…

「ち」で始まる四字熟語

知勇兼備【ちゆうけんび】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 知勇兼備 【読み方】 ちゆうけんび 【意味】 知恵も勇気も兼ね備えていること。 【語源・由来】 元は中国の趙の藺相如を褒め称えた言葉。 【典拠・出典】 『史記』「藺相如伝・賛」 【類義語】 ・知勇兼全(ちゆ…

「え」で始まる四字熟語

鳶目兎耳【えんもくとじ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 鳶目兎耳 【読み方】 えんもくとじ 【意味】 よく見える目と、よく聞こえる耳。それを備えたジャーナリストなどをいう語。 【語源・由来】 トビの目は遠くのことまで目ざとく見つけることができ、うさぎの耳は、どん…

「さ」で始まる四字熟語

才色兼備【さいしょくけんび】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 才色兼備 【読み方】 さいしょくけんび 【意味】 すぐれた才能と美しい容姿の両方をもっていること。多くは女性についていう。 【語源由来】 「才」は才知・才能と顔かたちのこと。「色」は容姿。「兼備」は兼ね備え…