CATEGORY 「我慢強い」の四字熟語一覧

「ふ」で始まる四字熟語

不抜之志【ふばつのこころざし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】 不抜之志 【読み方】 ふばつのこころざし 【意味】 物事にくじけない強い意志のこと。 【語源・由来】 「不抜」は抜きとることができない、堅くて動かないこと。堅固な意志のこと。 【典拠・出典】 『南史』「沈約…

「な」で始まる四字熟語

内清外濁【ないせいがいだく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 内清外濁 【読み方】 ないせいがいだく 【意味】 内心は清潔さを保持しながら、うわべは汚れたさまを装い、俗世間とうまく妥協しながら生きていくこと。 【語源・由来】 乱世で身を保持する処世術。 【典拠・出典】…

「と」で始まる四字熟語

独立不撓【どくりつふとう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 独立不撓 【読み方】 どくりつふとう 【意味】 他人に頼らず自立して活動し、困難にあってもへこたれないこと。 【語源・由来】 「撓」は枝などがたわむという意味から、へこたれるという意味。 【典拠・出典】 -…

「し」で始まる四字熟語

慈悲忍辱【じひにんにく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 慈悲忍辱 【読み方】 じひにんにく 【意味】 いつくしみの心が深く、どんな苦難も耐えしのぶこと。仏教語で、僧として必ず守るべき道をいう。 【語源・由来】 「慈悲」は衆生(しゅじょう)をいつくしむ心。「忍辱」…

「こ」で始まる四字熟語

国君含垢【こっくんがんこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 国君含垢 【読み方】 こっくんがんこう 【意味】 君主が恥を忍ぶこと。また、君主たるものは臣下のあやまちなどは大目にみてやる度量が必要であるということのたとえ。 【語源・由来】 「含」は恥を忍ぶという意味。…

「ま」で始まる四字熟語

磨斧作針【まふさくしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 磨斧作針 【読み方】 まふさくしん 【意味】 どんなに難しい事でも、忍耐強く努力すれば必ず成功するということ。 【語源・由来】 李白が若い頃、学問を途中でやめて家に帰ろうとした。その途中で小さな渓流を渡った…

「な」で始まる四字熟語

難行苦行【なんぎょうくぎょう】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 難行苦行 【読み方】 なんぎょうくぎょう 【意味】 たいへんな苦労をすること。または、多くの苦痛や困難にたえてする修行。 【典拠・出典】 『法華経』「提婆達多品」 【類義語】 ・苦行難行(くぎょうなんぎょう…

「さ」で始まる四字熟語

座薪懸胆【ざしんけんたん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 座薪懸胆 【読み方】 ざしんけんたん 【意味】 将来の成功や活躍のために、苦労をいとわず、つらい生活をじっと耐え忍ぶ意。つらい生活を耐えることで、敵愾心や闘志をかきたてること。 【語源・由来】 痛さをこらえ…

「け」で始まる四字熟語

堅苦卓絶【けんくたくぜつ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 堅苦卓絶 【読み方】 けんくたくぜつ 【意味】 苦しみに耐え抜く根性があること。人並み以上に、抜きん出て忍耐心に富むこと。 【語源・由来】 「卓絶」は、圧倒的にすぐれていること。 比肩するもののないほどに立…

「い」で始まる四字熟語

引錐刺股【いんすいしこ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 引錐刺股 【読み方】 いんすいしこ 【意味】 眠気に負けずに学問、勉学に励むことのたとえ。 【語源・由来】 「引錐」はそばにある錐を引いて手元に寄せること。中国の戦国時代の遊説家である蘇秦は、太股を錐で刺し…

「け」で始まる四字熟語

堅忍質直【けんにんしっちょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 堅忍質直 【読み方】 けんにんしっちょく 【意味】 何事にも我慢強く堪え忍び、飾り気がなくまっすぐな気性をしているさま。また、その性質のこと。 【語源・由来】 「堅忍」は我慢強いこと。「質直」は真面目で正直…

「け」で始まる四字熟語

堅忍果決【けんにんかけつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 堅忍果決 【読み方】 けんにんかけつ 【意味】 強い意志で堪え忍び、いったん決めると思い切って断行すること。また、そのような性質。 【語源・由来】 「堅忍」は意志がきわめて強く、じっと堪え忍ぶこと。我慢強い…

「け」で始まる四字熟語

懸頭刺股【けんとうしこ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 懸頭刺股 【読み方】 けんとうしこ 【意味】 苦労して勉学にはげむことのたとえ。また、眠気をこらえて勉強することのたとえ。 【語源・由来】 「懸頭」は、中国漢の時代、孫敬が眠気をこらえるために、天井の梁から…

「け」で始まる四字熟語

勁草之節【けいそうのせつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 勁草之節 【読み方】 けいそうのせつ 【意味】 節操や意志が固いこと。 【語源・由来】 「勁草」は強風にも屈しない強い草のこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・歳寒松柏(さいかん(の)しょうはく) ・志…

「い」で始まる四字熟語

為虎傅翼【いこふよく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 為虎傅翼 【読み方】 いこふよく 【意味】 強いものがさらに力をつけること。 【語源・由来】 「傅翼」はつばさをつけること。虎のためにつばさをつける意で、強い虎にさらに空を自由に飛ぶ能力を与えるということか…

「し」で始まる四字熟語

十年一日【じゅうねんいちじつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 十年一日 【読み方】 じゅうねんいちじつ 【意味】 長い間同じことをくりかえしていること。 また、長い間同じやりかたや状態を辛抱強く守っていること。 【語源・由来】 十年もの長い間、少しも変化や進歩、成長が…

「け」で始まる四字熟語

堅忍不抜【けんにんふばつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】 堅忍不抜 【読み方】 けんにんふばつ 【意味】 何事にも動じないで、がまん強く耐え忍ぶこと。 【語源・由来】 「堅忍」はがまん強く、じっと耐え忍ぶこと。「不抜」は抜くことができないという意から。 【典拠・出…

「い」で始まる四字熟語

意志堅固【いしけんご】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 意志堅固 【読み方】 いしけんご 【意味】 堅い意思でやり抜こうとする心が、しっかりとしていること。また困難な状況に置かれても我慢強いこと。 【語源・由来】 「意思」は物事をやり抜こうとする心。「堅固」はか…