CATEGORY 「煩悩」の四字熟語一覧

「ほ」で始まる四字熟語

煩悩具足【ぼんのうぐそく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 煩悩具足 【読み方】 ぼんのうぐそく 【意味】 心をわずらわし、身を悩ませる欲望が備わっていること。 【語源・由来】 「煩悩」は、心身を迷わせる欲望。心の迷い。「具足」は、備わっていること。 【典拠・出典】…

「し」で始まる四字熟語

生死流転【しょうじるてん】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】 生死流転 【読み方】 しょうじるてん 【意味】 衆生が煩悩を捨てられず、解脱することもなく、苦しい生死の世界を果てることもなく巡ること。仏教の世界では、人間は生死を繰り返して、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・…

「く」で始まる四字熟語

空花乱墜【くうげらんつい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 空花乱墜 【読み方】 くうげらんつい 【意味】 心に妄念があると、心が乱れて正しい認識ができないことのたとえ。 【語源・由来】 「空花」は(眼病の者が空中に花があると見誤ることから)凡夫が、実体のない存在を…

「ろ」で始まる四字熟語

六根清浄【ろっこんしょうじょう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 六根清浄 【読み方】 ろっこんしょうじょう 【意味】 欲や迷いから脱け出て、心身が清らかになること。 【語源・由来】 「六根」は迷いのもととなる目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官のこと。「清浄」は煩悩や私欲…

「こだわらない」の四字熟語一覧

迷悟一如【めいごいちにょ】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】 迷悟一如 【読み方】 めいごいちにょ 【意味】 仏教で、迷いというも、悟りというも、たどりつくところは一つであるということ。迷いとか悟りとかにこだわる必要はないという意。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「む」で始まる四字熟語

無余涅槃【むよねはん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・対義語)

【四字熟語】 無余涅槃 【読み方】 むよねはん 【意味】 肉体などの形の制約から解放された悟りの境地。心だけでなく肉体のわずらいからも解放された悟りの世界。 【語源・由来】 「無余」は残っていないこと。すべて。「涅槃」は…

「む」で始まる四字熟語

無明長夜【むみょうじょうや】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 無明長夜 【読み方】 むみょうじょうや 【意味】 衆生が煩悩にとらわれ悟りを得られないこと。 【語源・由来】 仏教語で、「無明」は邪心があるために物事の本質がとらえられず、仏法を理解できないこと。これを長い…

「む」で始まる四字熟語

無辺無礙【むへんむげ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無辺無礙 【読み方】 むへんむげ 【意味】 広大で限りがなく自由で煩悩のさまたげがない。仏教の語。 【語源・由来】 「無礙」は自由自在で煩悩などのさまたげがないこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・融通…

「ほ」で始まる四字熟語

煩悩菩提【ぼんのうぼだい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 煩悩菩提 【読み方】 ぼんのうぼだい 【意味】 煩悩は悟りの縁であること。 【語源・由来】 煩悩も人間の本性であるから、本来別のものでなく、二つは一つであるということ。また、迷いがあってはじめて悟りもあると…

「ひ」で始まる四字熟語

百八煩悩【ひゃくはちぼんのう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 百八煩悩 【読み方】 ひゃくはちぼんのう 【意味】 人間が持っている多くの迷いのこと。 【語源・由来】 「煩悩」は仏教語で人間の悩みや苦しみのこと。それが全部で一〇八種類あるという。 人間は六根(眼・耳・鼻…

「に」で始まる四字熟語

二河白道【にがびゃくどう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 二河白道 【読み方】 にがびゃくどう 【意味】 水と火の二つの川に挟まれたひとすじの白い道。極楽の彼岸に到達する道にたとえたもの。 【語源・由来】 水の川と火の川を貪りと怒りにたとえ、この二つの川に挟まれた…

「た」で始まる四字熟語

断悪修善【だんなくしゅぜん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 断悪修善 【読み方】 だんなくしゅぜん 【意味】 仏教で、一切の煩悩を断とうとする誓いのこと。 【語源・由来】 悪を断ち切って善を修行するという意味で、あらゆるものを救おうとする菩薩の誓願の一つ。 【典拠・…

「た」で始まる四字熟語

大悟徹底【たいごてってい】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 大悟徹底 【読み方】 たいごてってい 【意味】 仏教で完全に煩悩をすて、悟りきること。 【典拠・出典】 『無門関』「二」 【類義語】 ・廓然大悟(かくねんたいご) 大悟徹底(たいごてってい)の使い方 大悟徹…

「せ」で始まる四字熟語

截断衆流【せつだんしゅる】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 截断衆流 【読み方】 せつだんしゅる 【意味】 俗世間の雑念妄想をたちきること。修行者が煩悩をたちきること。 【語源・由来】 「衆流」は雑念妄想のたとえ。仏教の語。 【典拠・出典】 『石林詩話』「上」 截断…

「こだわらない」の四字熟語一覧

清淡虚無【せいたんきょむ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 清淡虚無 【読み方】 せいたんきょむ 【意味】 心にわだかまりがなく静かに落ち着いた境地。無私無欲で物事に執着せず平静な心のこと。 【語源・由来】 「清淡」は心の清く淡白なこと。「虚無」は心の空虚なさま。 …

「せ」で始まる四字熟語

清浄無垢【せいじょうむく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 清浄無垢 【読み方】 せいじょうむく 【意味】 清らかで汚れのないこと。また仏教の語では心が清らかで煩悩がないこと。 【語源・由来】 「垢」はあか、けがれ。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・純一無雑(じゅ…

「き」で始まる四字熟語

客塵煩悩【きゃくじんぼんのう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 客塵煩悩 【読み方】 きゃくじんぼんのう 【意味】 偶発的な汚れ。心を外から汚す煩悩のこと。 【語源・由来】 仏教の言葉で、心の中に初めから煩悩が存在するわけではなく、外からきた旅人の衣服についている塵のよ…