CATEGORY 「名人・専門家」の四字熟語一覧

「み」で始まる四字熟語

妙手回春【みょうしゅかいしゅん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 妙手回春 【読み方】 みょうしゅかいしゅん 【意味】 すぐれた医師の手で、病気がなおること。 【語源・由来】 「妙手」は、すぐれてたくみな技量。また、その持ち主。「回春」は、病気がなおること。 【典拠・出典…

「し」で始まる四字熟語

春蕪秋野【しゅんぶしゅうや】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 春蕪秋野 【読み方】 しゅんぶしゅうや 【意味】 春の雑草と秋の野原のこと。転じて、現実離れした風雅な文人をからかう語。 【語源・由来】 「春蕪」は、春の雑草。「秋野」は、秋の野原。 【典拠・出典】 『楚辞…

「ほ」で始まる四字熟語

方領矩歩【ほうりょうくほ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 方領矩歩 【読み方】 ほうりょうくほ 【意味】 儒者の身なりや態度のたとえ。 【語源・由来】 四角い襟の衣服と正しい歩行のこと。「方」は四角いこと。「領」はえり。「矩」はさしがね。転じて、法。また法に適うこ…

「ほ」で始まる四字熟語

褒衣博帯【ほういはくたい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 褒衣博帯 【読み方】 ほういはくたい 【意味】 儒者の服。すその広い服と幅の広い帯のこと。 【語源・由来】 「褒衣」はすその広い服。 【典拠・出典】 『淮南子』「氾論訓」 【類義語】 ・縫衣浅帯(ほういせん…

「ほ」で始まる四字熟語

縫衣浅帯【ほういせんたい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 縫衣浅帯 【読み方】 ほういせんたい 【意味】 儒者の服。転じて、儒者・文人。 【語源・由来】 袖の下から両わきを縫った衣服と細い帯のこと。「縫衣」は袖の下から両わきを縫った服。 【典拠・出典】 『荘子』「…

「ふ」で始まる四字熟語

文人墨客【ぶんじんぼっかく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 文人墨客 【読み方】 ぶんじんぼっかく 【意味】 詩文や書画などの優雅なものに携わること。 【語源・由来】 「文人」は詩や文章を書く人。「墨客」は書画にすぐれた人、書家や画家のこと。 【典拠・出典】 - 【…

「ひ」で始まる四字熟語

筆耕硯田【ひっこうけんでん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 筆耕硯田 【読み方】 ひっこうけんでん 【意味】 文章で生計を立てること。 【語源・由来】 文人の硯を農夫の田に見立て、筆で耕すという意味。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・傭書自資(ようしょじし) ・心…

「は」で始まる四字熟語

白玉楼中【はくぎょくろうちゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 白玉楼中 【読み方】 はくぎょくろうちゅう 【意味】 文人の死のこと。 【語源・由来】 「白玉楼」は白玉で造った天帝の高楼のことで、文人が死ぬとそこへ行くという。 「白玉楼中の人となる」「白玉楼中の人と化す…

「つ」で始まる四字熟語

通儒碩学【つうじゅせきがく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 通儒碩学 【読み方】 つうじゅせきがく 【意味】 学問の奥義をきわめた大学者のこと。 【語源・由来】 「碩」は大きいという意味で、「碩学」は大学者のこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・碩学鴻儒(せきが…

「せ」で始まる四字熟語

遷客騒人【せんかくそうじん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 遷客騒人 【読み方】 せんかくそうじん 【意味】 左遷された人や心に愁いを抱く人。詩人墨客のこと。 【語源・由来】 「遷客」は左遷され異郷に来た人。「騒人」は心の愁いを抱く人という意味。どちらも愁いをもって…

「せ」で始まる四字熟語

碩師名人【せきしめいじん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 碩師名人 【読み方】 せきしめいじん 【意味】 大学者や名声の高い人。大いなる徳を備えた人や声望のある人。 【語源・由来】 「碩」は大きいという意味。転じて偉大な、立派なという意味。「名人」は名声の高い人。…

「せ」で始まる四字熟語

碩学大儒【せきがくたいじゅ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 碩学大儒 【読み方】 せきがくたいじゅ 【意味】 学問の奥義をきわめた大学者のこと。 【語源・由来】 「碩」は大きいという意味で、「碩学」は大学者のこと。「大儒」はすぐれた儒者という意味。 【典拠・出典】 …

「し」で始まる四字熟語

心織筆耕【しんしょくひっこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 心織筆耕 【読み方】 しんしょくひっこう 【意味】 文筆で生活すること。 【語源・由来】 心で機を織り、筆で田を耕して生活するという意味。唐の王勃が人に頼まれて文を作り、謝礼の金帛で車がいっぱいになったこと…

「し」で始まる四字熟語

子墨兎毫【しぼくとごう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 子墨兎毫 【読み方】 しぼくとごう 【意味】 文人。詩文をつくる人。 【語源・由来】 「子墨」は墨を擬人視していう。「子」は男子の敬称。「兎毫」はうさぎの毛で作った筆。 【典拠・出典】 『本朝文粋』 【類義…

「し」で始まる四字熟語

子墨客卿【しぼくかくけい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 子墨客卿 【読み方】 しぼくかくけい 【意味】 詩文を作る人。文人。 【語源・由来】 「子墨」は墨のこと。墨を擬人化した表現。「子」は男子の敬称。「客卿」は他国からきて高官として滞在している者。 【典拠・出…

「し」で始まる四字熟語

梓匠輪輿【ししょうりんよ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 梓匠輪輿 【読み方】 ししょうりんよ 【意味】 大工と家具職人や車台・車輪を作る職人。 【語源・由来】 「梓匠」は梓人(建具工)と匠人(大工など)のこと。「輪輿」は輪人(車輪を作る職人)と輿人(車台を作る職…