CATEGORY 「度量が広い」の四字熟語一覧

「こだわらない」の四字熟語一覧

明快闊達【めいかいかったつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 明快闊達 【読み方】 めいかいかったつ 【意味】 明るくさっぱりとしていて心が広く、小さいことにこだわらないこと。 【語源・由来】 「明快」は、明るくて気持ちのよいこと。また、文章・思想・議論などが、はっき…

「こ」で始まる四字熟語

光明磊落【こうみょうらいらく】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 光明磊落 【読み方】 こうみょうらいらく 【意味】 胸にわだかまりがなく、公明正大であること。朗らかでさっぱりしている状態。 【語源・由来】 「光明」は、明るく輝く光。また、苦しい状況での将来への明るい見通…

「か」で始まる四字熟語

闊達豪放【かったつごうほう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 闊達豪放 【読み方】 かったつごうほう 【意味】 気持が大きく快活で、大らかな性格。また、堂々としていて力強いさま。 【語源由来】 「豁達」は心が広く細かいことにこだわらないこと。「豪放」は小さなことにこだ…

「こだわらない」の四字熟語一覧

磊磊落落【らいらいらくらく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 磊磊落落 【読み方】 らいらいらくらく 【意味】 心が広くて、小さなことにこだわらないさま。 【語源・由来】 心が大きくてさっぱりしているさまの意の「磊落」を重ねて意味を強調した四字句。 【典拠・出典】 『…

「と」で始まる四字熟語

徳量寛大【とくりょうかんだい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 徳量寛大 【読み方】 とくりょうかんだい 【意味】 りっぱな徳をそなえ、度量が広く大きいこと。徳が広大で、よく人を容れること。 【語源・由来】 「徳量」は徳が高く器量のあること。「寛大」は心を大きく持ち、他…

「と」で始まる四字熟語

蕩佚簡易【とういつかんい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蕩佚簡易 【読み方】 とういつかんい 【意味】 のんびりして自由なこと。寛大でやさしいこと。また、ほしいままでしまりのないこと。 【語源・由来】 「蕩佚」はのんびりと自由なこと。「簡易」は簡単でやさしい。性…

「て」で始まる四字熟語

天覆地載【てんぷうちさい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 天覆地載 【読み方】 てんぷうちさい 【意味】 天地のように広くおおらかな心や仁徳のこと。 【語源・由来】 天は上にあって万物を覆い、地は下にあって万物を載せるということから。 【典拠・出典】 『中庸』「三…

「ち」で始まる四字熟語

中通外直【ちゅうつうがいちょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 中通外直 【読み方】 ちゅうつうがいちょく 【意味】 君子の心と行動が広く正しいことのたとえ。 【語源・由来】 「中通」は蓮の茎が空洞であることから、君子の心中に邪心のないたとえ。「外直」は蓮の茎の外形がま…

「し」で始まる四字熟語

心地光明【しんちこうめい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 心地光明 【読み方】 しんちこうめい 【意味】 心が清らかで正しく広いこと。 【語源・由来】 「心地」は心・精神のこと。「光明」は仏の心身から放つ明るい光のこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・公平無私…

「さ」で始まる四字熟語

山藪蔵疾【さんそうぞうしつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 山藪蔵疾 【読み方】 さんそうぞうしつ 【意味】 大事をなす大人物は多少欠点はあってもあらゆる人を包み込む器量があるということのたとえ。また、立派ですぐれたものにも、多少の欠点はあるものだということ。 【語…

「こ」で始まる四字熟語

国君含垢【こっくんがんこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 国君含垢 【読み方】 こっくんがんこう 【意味】 君主が恥を忍ぶこと。また、君主たるものは臣下のあやまちなどは大目にみてやる度量が必要であるということのたとえ。 【語源・由来】 「含」は恥を忍ぶという意味。…

「と」で始まる四字熟語

呑牛之気【どんぎゅうのき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 呑牛之気 【読み方】 どんぎゅうのき 【意味】 気持ちが広く大きいこと。 【語源・由来】 牛を丸呑みにするほどに意気が盛んなこと。 【典拠・出典】 杜甫「徐卿二子歌」 【類義語】 ・食牛之気(しょくぎゅうの…

「せ」で始まる四字熟語

清濁併呑【せいだくへいどん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 清濁併呑 【読み方】 せいだくへいどん 【意味】 度量の広いこと、包容力の大きいこと。度量が広く包容力の大きいたとえ。 善も悪も分け隔てなく受け入れること。 賢人と愚人、どちらも差別しないで受け入れてしまう…

「こだわらない」の四字熟語一覧

天空海闊【てんくうかいかつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】 天空海闊 【読み方】 てんくうかいかつ 【意味】 心が広々としていて度量が大きく、なんのわだかまりもないこと。 また、言葉や発想などが限りなく広がることのたとえ。 【語源・由来】 海や空がきわまりなく広がっ…

「こだわらない」の四字熟語一覧

自由闊達【じゆうかったつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 自由闊達 【読み方】 じゆうかったつ 【意味】 心が広くて小さな物事にこだわらず、のびのびしているさま。 何事にも束縛されることなく、自らの意志を遂行できる様子。 度量が大きく、頼りがいのあるさま。 【語源…

「こ」で始まる四字熟語

豪放磊落【ごうほうらいらく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 豪放磊落 【読み方】 ごうほうらいらく 【意味】 心が広く、小さいことにはこだわらないこと。また、そのさま。 【語源・由来】 「豪放」も「磊落」も心が広く、小さいことにこだわらないことから。 【典拠・出典】…