CATEGORY 「怠惰」の四字熟語一覧

「ゆ」で始まる四字熟語

遊惰放逸【ゆうだほういつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 遊惰放逸 【読み方】 ゆうだほういつ 【意味】 勝手気ままにあそび怠けるようす。 【語源・由来】 「遊惰」は、あそび怠けること。「放逸」は、勝手気ままなこと。「逸」は、ここでは、ほしいまま。 【典拠・出典】…

「ゆ」で始まる四字熟語

遊惰放蕩【ゆうだほうとう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 遊惰放蕩 【読み方】 ゆうだほうとう 【意味】 あそび怠け、酒色などにふけって品行がおさまらないこと。 【語源・由来】 「遊惰」は、あそび怠けること。「放蕩」は、酒色などにふけって品行がおさまらないこと。 …

「ほ」で始まる四字熟語

放縦懦弱【ほうしょうだじゃく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 放縦懦弱 【読み方】 ほうしょうだじゃく 【意味】 気ままで無気力なこと。 【語源・由来】 「放縦」は、わがまま、気まま。また、気ままに振る舞うこと。「縦」は、ここでは、気まま。「懦弱」は、弱いこと。意気地…

「き」で始まる四字熟語

禽息鳥視【きんそくちょうし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 禽息鳥視 【読み方】 きんそくちょうし 【意味】 何かを成すこともなく、無益に、ただ生きることのたとえ。 【語源・由来】 獣や鳥が息をしたり物を見たりするのは、食べ物を本能的に探しているだけで、意志などなく…

「り」で始まる四字熟語

流連荒亡【りゅうれんこうぼう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 流連荒亡 【読み方】 りゅうれんこうぼう 【意味】 家にも帰らず酒食や遊興にふけって仕事をなまけること。 【語源・由来】 「流連」は遊びにふけって家に帰るのも忘れること。「荒亡」は狩猟や酒食などの楽しみにふ…

「り」で始まる四字熟語

六言六蔽【りくげんりくへい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 六言六蔽 【読み方】 りくげんりくへい 【意味】 人には六つの徳があるが、学問や教養を積まなければ六つの弊害を生むということ。 【語源・由来】 「六言」は、仁(愛情)・知(知恵)・直(正直)・勇(勇気)・剛…

「む」で始まる四字熟語

無為無能【むいむのう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無為無能 【読み方】 むいむのう 【意味】 意義のあることをやりもしないし、できもしないこと。何もできないこと。行うこともやり遂げる力もないということ。へりくだるときにも用いられる。 【語源・由来】 「為」…

「いつも」の四字熟語一覧

飽食終日【ほうしょくしゅうじつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 飽食終日 【読み方】 ほうしょくしゅうじつ 【意味】 一日中食べるだけで仕事もせず過ごす。腹いっぱい食うことだけで一日をむなしく終えてしまうということ。 【語源・由来】 「飽食」は飽きるほど十分に食べること…

「は」で始まる四字熟語

伴食大臣【ばんしょくだいじん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 伴食大臣 【読み方】 ばんしょくだいじん 【意味】 その職にいて実力が伴わない無能な宰相。また、無能な大官や職務を果たさない人のたとえ。 【語源・由来】 「伴食」は正客のお供をしてごちそうになること。相伴。…

「せ」で始まる四字熟語

千金一刻【せんきんいっこく】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 千金一刻 【読み方】 せんきんいっこく 【意味】 時間の貴重なことのたとえ。わずかな時間が千金にも値するという意味。大切な時間や楽しい時間が過ぎやすいのを惜しんでいう。またそれを無駄に過ごすのを戒める語。 …

「さ」で始まる四字熟語

蹉跎歳月【さたさいげつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蹉跎歳月 【読み方】 さたさいげつ 【意味】 ただ時間をむだにして、むなしく過ごすこと。 【語源・由来】 「蹉跎」はよい時期を失うこと、「歳月」は年月の意味。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・翫歳愒日(が…

「こ」で始まる四字熟語

呉下阿蒙【ごかのあもう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 呉下阿蒙 【読み方】 ごかのあもう 【意味】 いっこうに進歩のない昔のままの人のこと。また、無学なもののたとえ。 【語源・由来】 「呉下」は呉の国にいるということ。「阿」は親しんで呼ぶときに名前の上につける…

「も」で始まる四字熟語

物臭道心【ものぐさどうしん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 物臭道心 【読み方】 ものぐさどうしん 【意味】 心から仏道修行に励むために出家するのではなく、仕事をしたくないという、ただの怠け心から僧侶になること。また、広く怠け心のことをいう。 【語源・由来】 「物臭…

「こ」で始まる四字熟語

槁木死灰【こうぼくしかい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 槁木死灰 【読み方】 こうぼくしかい 【意味】 衰えて生気がないさま。また、意欲に乏しいさま。無為自然の境地にあること。 【語源・由来】 「槁木」は枯れ木。「死灰」は火の気がなくなり、冷たくなった灰のこと。…

「こ」で始まる四字熟語

苟且偸安【こうしょとうあん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 苟且偸安 【読み方】 こうしょとうあん 【意味】 将来のことを考えず、物事をなおざりにして一時の安楽をむさぼること。 【語源・由来】 「苟且」は当座をしのぐこと、間に合わせ。「偸安」は目の前にある楽なことだ…

「こ」で始まる四字熟語

曠日弥久【こうじつびきゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 曠日弥久 【読み方】 こうじつびきゅう 【意味】 長い期間なにもせずに、無駄な日々を過ごすこと。または、むだに時間を過ごして事を長引かせること。 【語源・由来】 「曠日」は多くの月日を経ること。また、むだに…

「き」で始まる四字熟語

玉砕瓦全【ぎょくさいがぜん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 玉砕瓦全 【読み方】 ぎょくさいがぜん 【意味】 名誉を重んじて死ぬことと何をなすこともなく生きながらえること。また、立派な人は無為に生きながらえるよりは名誉を重んじて潔くすること。 【語源・由来】 「玉砕…