CATEGORY 「ら」で始まる四字熟語

「ら」で始まる四字熟語

落月屋梁【らくげつおくりょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 落月屋梁 【読み方】 らくげつおくりょう 【意味】 友人を思う情が切なこと。 【語源・由来】 杜甫の「夢李白-詩」より。「屋梁」は屋根のはり。また屋根の意。唐の杜甫が友人の李白の江南に流されたのをを思いやり…

「ら」で始まる四字熟語

乱離拡散【らんりかくさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 乱離拡散 【読み方】 らんりかくさん 【意味】 世の乱れに遭って、人々が離れ離れになること。また世の中がめちゃめちゃになったありさま。 【類義語】 ・乱離骨灰(らりこっぱい) ・乱離骨灰(らりこっぱい) 乱…

「ら」で始まる四字熟語

藍田生玉【らんでんしょうぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 藍田生玉 【読み方】 らんでんしょうぎょく 【意味】 家柄のよい家から賢明な子弟のでるたとえ。 【語源・由来】 『三国志』「呉志・諸葛恪伝・注」より。「藍田」は陝西省にある山の名で、美しい宝玉を産出すること…

「ら」で始まる四字熟語

蘭亭殉葬【らんていじゅんそう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 蘭亭殉葬 【読み方】 らんていじゅんそう 【意味】 書画や骨董、器物などを非常に愛好するたとえ。 【語源・由来】 何延之の「蘭亭記」より。「蘭亭」は王義之の「蘭亭帖」、「殉葬」は死んだ人といっしょに葬ること…

「ら」で始まる四字熟語

乱臣賊子【らんしんぞくし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 乱臣賊子 【読み方】 らんしんぞくし 【意味】 国を乱す悪臣と親に背く子供。 【語源・由来】 『孟子』「滕文公・下」より。「乱臣」は主君に背いて国を乱す家臣のこと。「賊子」は親不孝な子供の意。不忠不孝の者を…

「ら」で始まる四字熟語

乱雑無章【らんざつむしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 乱雑無章 【読み方】 らんざつむしょう 【意味】 めちゃくちゃですじみちが立たないこと。 【語源・由来】 『韓愈』の「送孟東野序」より。「無章」は秩序がないこと、筋道が立たないこと。 【類義語】 ・支離滅裂…

「ら」で始まる四字熟語

蘭摧玉折【らんさいぎょくせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 蘭摧玉折 【読み方】 らんさいぎょくせつ 【意味】 賢人や美人などの死をいう。蘭の花が砕け散り玉が折れ割れる意。すぐれた人として終わりまでまっとうして死ぬことにもいう。 【語源・由来】 『世説新語』「言語」…

「ら」で始まる四字熟語

覧古考新【らんここうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 覧古考新 【読み方】 らんここうしん 【意味】 古きをかえりみて、新しきを考え察すること。 【語源・由来】 『漢書』「叙伝・下」より。「覧古」は、古きをおもうこと。懐古。 【類義語】 ・温故知新(おんこちし…

「ら」で始まる四字熟語

蘭桂騰芳【らんけいとうほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蘭桂騰芳 【読み方】 らんけいとうほう 【意味】 蘭や桂が香りたつ。子孫が繁栄することのたとえ。 【語源・由来】 「蘭」はらん。「桂」はかつらの木。ともに香草・香木の類で、君子の美質また子孫のたとえ。「騰芳…

「ら」で始まる四字熟語

蘭薫桂馥【らんくんけいふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蘭薫桂馥 【読み方】 らんくんけいふく 【意味】 蘭や桂が香りたつ。子孫が繁栄することのたとえ。 【語源・由来】 「蘭」はらん。「桂」はかつらの木。ともに香草・香木の類で、君子の美質また子孫のたとえ。 【類…

「ら」で始まる四字熟語

爛額焦頭【らんがくしょうとう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 爛額焦頭 【読み方】 らんがくしょうとう 【意味】 根本を忘れ些末なことを重視すること。また、物事を非常に苦労してすること。 【語源・由来】 『漢書』「霍光伝」より。「爛額」は額が爛れる意、「焦頭」は頭を焦…

「ら」で始まる四字熟語

嵐影湖光【らんえいここう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 嵐影湖光 【読み方】 らんえいここう 【意味】 山の青々とした気と湖面のかがやき。山水の風景の美しいことの形容。 【語源・由来】 邵長衡の「夜遊孤山記」より。「嵐」は青々とした山の気。青いもや。「湖光」は湖…

「ら」で始まる四字熟語

濫竽充数【らんうじゅうすう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 濫竽充数 【読み方】 らんうじゅうすう 【意味】 無能の者が才能のあるように見せかけること。また、実力もないのに、分以上の位にいること。 【語源・由来】 『韓非子』「内儲説・上」より。「濫」はむやみやたらに…

「ら」で始まる四字熟語

落花流水【らっかりゅうすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 落花流水 【読み方】 らっかりゅうすい 【意味】 散る花と流れ去る水のことで、去りゆく春をいった語。転じて、人や物が落ちぶれることのたとえ。また、男女の気持ちが互いに通じあうことのたとえ。 【語源・由来】 …

「ら」で始まる四字熟語

落落晨星【らくらくしんせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 落落晨星 【読み方】 らくらくしんせい 【意味】 しだいに仲のよい友人がいなくなること。また、友人が年とともにだんだん死んでいなくなること。 【語源・由来】 劉禹錫の詩より。「落落」はまばらでさみしいさま。…

「ら」で始まる四字熟語

洛陽紙価【らくようのしか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 洛陽紙価 【読み方】 らくようのしか 【意味】 著書が世にもてはやされて、よく売れること。 【語源・由来】 『晋書』「左思伝」より。「洛陽」は中国の地名。「紙価」は紙の値段のこと。中国西晋の左思は賦に巧みで…

「ら」で始まる四字熟語

落筆点蠅【らくひつてんよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 落筆点蠅 【読み方】 らくひつてんよう 【意味】 過ちをうまくとりつくろうこと。誤って筆を落としてついた汚れをうまく蠅にえがく意。 【語源・由来】 『三国志』「呉志・趙達伝・注」より。中国三国時代、呉の画家…

「ら」で始まる四字熟語

落穽下石【らくせいかせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 落穽下石 【読み方】 らくせいかせき 【意味】 人の危難につけ込んでさらに痛めつけることをいう。 【語源・由来】 韓愈の「柳子厚墓誌銘柄」より。人が落とし穴に落ちたのに上から石を落とす意。「穽」は落とし穴の…

「ら」で始まる四字熟語

楽禍幸災【らくかこうさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 楽禍幸災 【読み方】 らくかこうさい 【意味】 他人の不幸を見てよろこぶこと。人が災難にあうことをよろこび、わざわいにあうのを見てたのしむ意。 【類義語】 ・幸災楽禍(こうさいらくか) 楽禍幸災(らくかこう…

「ら」で始まる四字熟語

落英繽紛【らくえいひんぷん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 落英繽紛 【読み方】 らくえいひんぷん 【意味】 散る花びらが乱れ舞うさま。 【語源・由来】 「落英」は散り落ちる花びら。「英」は花、花びらの意。「繽紛」は盛んなさま。また、乱れ混じるさま。 落英繽紛(らく…

「ら」で始まる四字熟語

磊磊落落【らいらいらくらく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 磊磊落落 【読み方】 らいらいらくらく 【意味】 心が広くて、小さなことにこだわらないさま。 【語源・由来】 心が大きくてさっぱりしているさまの意の「磊落」を重ねて意味を強調した四字句。 【類義語】 ・豪放…

「ら」で始まる四字熟語

雷騰雲奔【らいとううんぽん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 雷騰雲奔 【読み方】 らいとううんぽん 【意味】 一時もとどまらず過ぎ去っていくことのすみやかなたとえ。雷が躍り上がり雲が走る。来たかと思うとすぐにいなくなってしまう。雷が急に鳴り出したかと思うと急にやみ、…

「ら」で始まる四字熟語

雷霆万鈞【らいていばんきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雷霆万鈞 【読み方】 らいていばんきん 【意味】 威勢がきわめて大きく防ぎとめることのできないたとえ。雷鳴のとどろきがきわめて大きく重い。 【語源・由来】 『漢書』「賈山伝」より。「雷霆」は雷のとどろき。転…

「ら」で始まる四字熟語

雷陳膠漆【らいちんこうしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雷陳膠漆 【読み方】 らいちんこうしつ 【意味】 友情が深く堅いこと。 【語源・由来】 『後漢書』「雷義伝」より。中国、後漢の雷義と陳重の友情は、膠や漆が固まると堅くなる以上に、確固とした深いものであるとい…

「ら」で始まる四字熟語

雷轟電撃【らいごうでんげき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 雷轟電撃 【読み方】 らいごうでんげき 【意味】 勢いのきわめてはげしいことのたとえ。雷鳴が鳴り響き電光が走る。 【語源・由来】 『近古史談』「織篇」より。「雷轟」は雷がとどろきわたること。「電撃」は稲光が…

「ら」で始まる四字熟語

雷轟電転【らいごうでんてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 雷轟電転 【読み方】 らいごうでんてん 【意味】 町中の喧騒の激しいことのたとえ。雷がとどろき稲妻がはしるように、人馬の叫びが激しいこと。 【語源・由来】 『長生殿』「合囲」より。「雷轟」は雷がとどろきわた…

「ら」で始まる四字熟語

鸞翔鳳集【らんしょうほうしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鸞翔鳳集 【読み方】 らんしょうほうしゅう 【意味】 すぐれた才能をもった人が集まり来るたとえ。 【語源・由来】 傅咸「申壊賦」より。「鸞」は鳳凰に似ている伝説の霊鳥のこと。「鳳」は伝説の霊鳥の鳳凰のこと。…

「ら」で始まる四字熟語

羅雀掘鼠【らじゃくくっそ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 羅雀掘鼠 【読み方】 らじゃくくっそ 【意味】 食べ物がなく、極めて辛い状況のこと。「雀を羅し鼠を掘る」とも読む。 【語源・由来】 「新唐書」張巡伝より。網で雀を捕まえて食べ、地面にある巣を掘って鼠を捕まえ…

「ら」で始まる四字熟語

落花狼藉【らっかろうぜき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 落花狼藉 【読み方】 らっかろうぜき 【意味】 ①あちこちひどく散らかっていること。 ②女性に乱暴を働くこと。 【語源・由来】 「和漢朗詠集」上より。①の場合、花が舞い散るという意味から。「落花」は花が散る…

「ら」で始まる四字熟語

乱暴狼藉【らんぼうろうぜき】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 乱暴狼藉 【読み方】 らんぼうろうぜき 【意味】 法に背くような荒々しい振る舞いのこと。法に背くような穏やかでない行動をすること。「狼藉」の本来の意味は狼が草を敷いて寝た後の散らかっている様子のことだが、こ…