CATEGORY 「ろ」で始まる四字熟語

「ろ」で始まる四字熟語

籠鳥檻猿【ろうちょうかんえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 籠鳥檻猿 【読み方】 ろうちょうかんえん 【意味】 自由を奪われ自分の思いどおりに生きることのできない境遇のたとえ。 【語源・由来】 白居易の文より。かごの鳥とおりの中の猿。 籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)…

「ろ」で始まる四字熟語

論旨明快【ろんしめいかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 論旨明快 【読み方】 ろんしめいかい 【意味】 議論の趣旨・要旨が、はっきり筋道が通っていてわかりやすいこと。 【語源・由来】 「論旨」は議論(意見の内容)の要点・主旨、「明快」は筋道がはっきりしていること…

「ろ」で始まる四字熟語

魯般雲梯【ろはんうんてい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魯般雲梯 【読み方】 ろはんうんてい 【意味】 魯の名工の魯般が作った雲まで届く高いはしご。 【語源・由来】 『蒙求』「魯般雲梯」より。「魯般」は春秋時代、魯の哀公のときの名工。機械を作るのに巧みであった。…

「ろ」で始まる四字熟語

六根清浄【ろっこんしょうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 六根清浄 【読み方】 ろっこんしょうじょう 【意味】 欲や迷いから脱け出て、心身が清らかになること。 【語源・由来】 「六根」は迷いのもととなる目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官のこと。「清浄」は煩悩や私欲…

「ろ」で始まる四字熟語

盧生之夢【ろせいのゆめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 盧生之夢 【読み方】 ろせいのゆめ 【意味】 人の世の栄華のはかないことのたとえ。 【語源・由来】 沈既済『枕中記』より。唐の盧生という立身出世を望んでいた若者が邯鄲の町で道士の呂翁から枕を借りて寝たところ…

「ろ」で始まる四字熟語

六道輪廻【ろくどうりんね】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 六道輪廻 【読み方】 ろくどうりんね 【意味】 この世に生きとし生けるものは六道の世界に生死を繰り返して迷い続けるということ。 【語源・由来】 張説の「唐陳州竜興寺碑」より。仏教の語。「六道」は死後、善悪の…

「ろ」で始まる四字熟語

六十耳順【ろくじゅうじじゅん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 六十耳順 【読み方】 ろくじゅうじじゅん 【意味】 六十歳で人の言うことが素直に受け入れられるようになった。 【語源・由来】 『論語』「為政」より。「耳順」は人の言うことが何でもすぐ理解でき、素直に受け入れ…

「ろ」で始まる四字熟語

露往霜来【ろおうそうらい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 露往霜来 【読み方】 ろおうそうらい 【意味】 時の過ぎるのがはやいことのたとえ。 【語源・由来】 左思の「呉都賦」より。露の季節が去り霜の季節になる。秋が去りいつの間にか冬になる意。 【類義語】 ・烏飛兎…

「ろ」で始まる四字熟語

老莱斑衣【ろうらいはんい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 老莱斑衣 【読み方】 ろうらいはんい 【意味】 親孝行のたとえ。親に孝行のかぎりをつくすことのたとえ。 【語源・由来】 『蒙求』「老莱班衣」より。 「斑衣」は模様のある派手な服。ここでは子供が身につける派手…

「ろ」で始まる四字熟語

老馬之智【ろうばのち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 老馬之智 【読み方】 ろうばのち 【意味】 長い経験を積んで得たすぐれた知恵や知識。 【語源・由来】 『韓非子』「説林・上」より。中国春秋時代、斉の桓公が戦いの帰途で道に迷ったとき、管仲は一度通った道を覚え…

「ろ」で始まる四字熟語

籠鳥恋雲【ろうちょうれんうん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 籠鳥恋雲 【読み方】 ろうちょうれんうん 【意味】 捕らえられているものが自由になることを望むこと。 【語源・由来】 かごに閉じ込められている鳥が、自由に大空を飛びまわっていた時の雲を恋しく思う意。 籠鳥恋…

「ろ」で始まる四字熟語

老成持重【ろうせいじちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 老成持重 【読み方】 ろうせいじちょう 【意味】 十分な経験があり、そのうえ慎重なこと。 【語源・由来】 「老成」は経験豊富で物事に慣れていること。「持重」は重々しく大事をとる意。 老成持重(ろうせいじちょ…

「ろ」で始まる四字熟語

老成円熟【ろうせいえんじゅく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 老成円熟 【読み方】 ろうせいえんじゅく 【意味】 経験が豊富で、人格・知識・技能などが十分に熟達して、ゆたかな内容を持っていること。 【語源・由来】 「老成」は経験を積んで物事になれ、たけていること。「円…

「ろ」で始まる四字熟語

鏤塵吹影【ろうじんすいえい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鏤塵吹影 【読み方】 ろうじんすいえい 【意味】 無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。また、とりとめがない。影を吹いたり、細かなちりに刻みほろうとする意。 【語源・由来】 「鏤」はきざむこと。 鏤塵吹影…

「ろ」で始まる四字熟語

老少不定【ろうしょうふじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 老少不定 【読み方】 ろうしょうふじょう 【意味】 人間の寿命は年齢に関係なく、予知できないものだということ。 【語源・由来】 「不定」は一定しないこと、あてにならないこと。老人も少年もどちらが先に死ぬかわ…

「ろ」で始まる四字熟語

老驥伏櫪【ろうきふくれき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 老驥伏櫪 【読み方】 ろうきふくれき 【意味】 人が年老いてもなお大きな志をいだくことのたとえ。 【語源・由来】 曹操の「歩出夏門行」より。年老いた駿馬が用いられることなく、馬屋のねだに伏し横たわっていなが…

「ろ」で始まる四字熟語

螻蟻潰堤【ろうぎかいてい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 螻蟻潰堤 【読み方】 ろうぎかいてい 【意味】 ほんの些細なことが、大きな事件や事故の原因となること。 【語源・由来】 『韓非子』「喩老」より。「螻蟻」はけらとありのこと。「潰堤」は堤防が崩壊する意。けらや…

「ろ」で始まる四字熟語

老婆親切【ろうばしんせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 老婆親切 【読み方】 ろうばしんせつ 【意味】 必要以上に世話を焼きすぎること。 【語源・由来】 『臨済録』「行録」より。「切」は思いがひたすらで強いさま。もと仏教の語で、師匠である僧が修行者を親切に教え導…

「ろ」で始まる四字熟語

魯魚之謬【ろぎょのあやまり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魯魚之謬 【読み方】 ろぎょのあやまり 【意味】 文字の書き誤り。 【語源・由来】 「魯」と「魚」の字画が似ていて書き間違いやすいことからいう。 【類義語】 ・烏焉魯魚(うえんろぎょ) ・焉馬之誤(えんばの…

「ろ」で始まる四字熟語

魯魚章草【ろぎょしょうそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魯魚章草 【読み方】 ろぎょしょうそう 【意味】 書き誤りやすい文字のこと。 【語源・由来】 「魯」と「魚」、「章」と「草」がそれぞれ字画が似ていて誤りやすいことから。 【類義語】 ・烏焉成馬(うえんせいば…

「ろ」で始まる四字熟語

狼子野心【ろうしやしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 狼子野心 【読み方】 ろうしやしん 【意味】 凶暴な人のたとえ。また、凶暴な人を教化しがたいたとえ。おおかみの子の生まれついた野性は飼い慣らしにくいという意。 【語源・由来】 「春秋左氏伝」宣公四年より。 …

「ろ」で始まる四字熟語

狼貪虎視【ろうどんこし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 狼貪虎視 【読み方】 ろうどんこし 【意味】 野心の盛んなさま。また、無道で貪欲なさま。狼のように貪欲で虎が獲物を見るように見る意。 【語源・由来】 「長生殿」陥関 【類義語】 ・虎狼之心(ころうのこころ)…

「ろ」で始まる四字熟語

論功行賞【ろんこうこうしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 論功行賞 【読み方】 ろんこうこうしょう 【意味】 手柄の有無・大小を論じ定めて、それぞれに相応した賞を与えること。 【語源・由来】 「三国志」魏志・明帝紀より。 【類義語】 ・恩威並行(おんいへいこう) …

「ろ」で始まる四字熟語

驢鳴犬吠【ろめいけんばい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驢鳴犬吠 【読み方】 ろめいけんばい 【意味】 拙劣でつまらない文章y聞くに値しない話のたとえ。ろばが鳴き犬が吠える、またその声。ありふれていて聞くに値しない意。 【語源・由来】 「朝野僉載」 【類義語】 …

「ろ」で始まる四字熟語

魯魚亥豕【ろぎょがいし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魯魚亥豕 【読み方】 ろぎょがいし 【意味】 文字の書き誤り。「魯」と「魚」、「亥」と「豕」の字とが、それぞれ字画が似ていて間違えやすいということ。 【語源・由来】 魯魚「抱朴子」・亥豕「呂子春秋」 【類義…