CATEGORY 「落ち込む」の四字熟語一覧

「ち」で始まる四字熟語

沈痛慷慨【ちんつうこうがい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 沈痛慷慨 【読み方】 ちんつうこうがい 【意味】 深く心に悲しみ、いきどおり嘆くこと。 【語源・由来】 「沈痛」は、深く心に悲しみ痛むこと。「慷慨」は、いきどおり嘆くこと。「慷」「慨」ともに、嘆く。 【典拠…

「た」で始まる四字熟語

嘆息嗟嘆【たんそくさたん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 嘆息嗟嘆 【読み方】 たんそくさたん 【意味】 ため息をついてひどく嘆くこと。 【語源・由来】 「嘆息」は、なげいてため息をつくこと。「嗟嘆」は、声を長く引いて嘆くこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「た」で始まる四字熟語

拓落失路【たくらくしつろ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 拓落失路 【読み方】 たくらくしつろ 【意味】 落ちぶれて失意の底にあること。また、しりぞけられて出世の道を失うこと。 【語源・由来】 「拓落」は役人などが落ちぶれるさま、不遇なさま。「失路」は出世の道を失…

「け」で始まる四字熟語

鶏骨支床【けいこつししょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 鶏骨支床 【読み方】 けいこつししょう 【意味】 喪に服して、憔悴している様子。 【語源・由来】 「鶏骨」は痩せ衰え、鶏の骨のように見えるということ。 痩せ衰えて、寝台に支えるだけで精一杯という意味から。 …

「へ」で始まる四字熟語

卞和泣璧【べんかきゅうへき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 卞和泣璧 【読み方】 べんかきゅうへき 【意味】 正しくすぐれた才能や業績が世に認められず嘆くことのたとえ。 【語源・由来】 「卞和」は春秋時代、楚の人。「璧」は宝玉のこと。 中国春秋時代、楚の卞和が山中で…

「ひ」で始まる四字熟語

髀肉之嘆【ひにくのたん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 髀肉之嘆 【読み方】 ひにくのたん 【意味】 実力を発揮する機会に恵まれないのを嘆き悲しむこと。 【語源・由来】 「髀肉」はももの肉。「嘆」は嘆き悲しむこと。 中国三国時代、蜀の劉備は大志を抱いていたが不遇…

「ひ」で始まる四字熟語

悲傷憔悴【ひしょうしょうすい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 悲傷憔悴 【読み方】 ひしょうしょうすい 【意味】 非常に悲しんで憂いやつれること。 【語源・由来】 「悲傷」は悲しみいたむこと。「憔悴」は憂い苦しむ、またやつれ衰える。 【典拠・出典】 蘇轍「黄州快哉亭記…

「は」で始まる四字熟語

麦秀之歌【ばくしゅうのうた】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 麦秀之歌 【読み方】 ばくしゅうのうた 【意味】 故国の滅亡を嘆くこと。 【語源・由来】 殷の王族であった箕子が殷王朝の滅亡後、殷の故都を過ぎその廃墟に麦が伸びているのを見て悲しみを作った歌。「麦秀」は麦が…

「は」で始まる四字熟語

麦秀黍離【ばくしゅうしょり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

  【四字熟語】 麦秀黍離 【読み方】 ばくしゅうしょり 【意味】 亡国の嘆きをいう。 【語源・由来】 殷の王族であった箕子が殷王朝の滅亡後、殷の故都を過ぎその廃墟に麦が伸びているのを見て悲しみを作った歌。「麦…

「と」で始まる四字熟語

銅駝荊棘【どうだけいきょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 銅駝荊棘 【読み方】 どうだけいきょく 【意味】 国の滅亡を嘆くことのたとえ。 【語源・由来】 宮殿が破壊されつくし、銅製のらくだがいばらの中にうち捨てられているのを嘆くという意味。「駝」はらくだ。「荊棘」…

「す」で始まる四字熟語

垂頭喪気【すいとうそうき】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 垂頭喪気 【読み方】 すいとうそうき 【意味】 元気がなく、しょげているさま。 【語源・由来】 「垂頭」は頭を低く垂れること。「喪気」は元気を失くすこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・意気銷沈(いきし…

「し」で始まる四字熟語

銷鑠縮栗【しょうしゃくしゅくりつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 銷鑠縮栗 【読み方】 しょうしゃくしゅくりつ 【意味】 意気が阻喪して縮み上がっておそれること。 【語源・由来】 「銷鑠」はとろけるという意味から、意気消沈すること。「縮栗」は縮み上がっておそれること。「栗…

「し」で始まる四字熟語

春愁秋思【しゅんしゅうしゅうし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 春愁秋思 【読み方】 しゅんしゅうしゅうし 【意味】 春の日の物憂さと秋の日の物思い。気候のいいときになんとなく気がふさぐこと。また、いつも心に悲しみや悩みを抱いていること。 【語源・由来】 「春愁」は春の…

「し」で始まる四字熟語

愁苦辛勤【しゅうくしんきん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 愁苦辛勤 【読み方】 しゅうくしんきん 【意味】 非常に憂え苦しむこと。また、その苦しみ。 【語源・由来】 「愁苦」は憂え苦しむという意味。 【典拠・出典】 白居易「王昭君」 愁苦辛勤(しゅうくしんきん)の…

「こ」で始まる四字熟語

孤影悄然【こえいしょうぜん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孤影悄然 【読み方】 こえいしょうぜん 【意味】 ひとりっぼちでしょんぼりしている様子。 【語源・由来】 「孤影」は一人だけの寂しそうな姿。「悄然」はしおれて元気がないという意味。 【典拠・出典】 - 【類…

「ほ」で始まる四字熟語

亡羊之嘆【ぼうようのたん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 亡羊之嘆 【読み方】 ぼうようのたん 【意味】 学問の道が多方面にわたって真理を掴むのが難しく、途方に暮れて悲しみ嘆くこと。 【語源・由来】 逃げた羊を追い求めたが、道に分岐点が多く、とうとう羊を見失って嘆…

「と」で始まる四字熟語

屠所之羊【としょのひつじ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 屠所之羊 【読み方】 としょのひつじ 【意味】 刻々と死に迫る人の命のはかなさ。また、悲しみにうち沈むたとえ。 【語源・由来】 屠殺場に連れて行かれる羊という意味から。 【典拠・出典】 『大般涅槃経』 屠所…

「こ」で始まる四字熟語

狐影蕭然【こえいしょうぜん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 狐影蕭然 【読み方】 こえいしょうぜん 【意味】 一人だけしかいなくて、しょんぼりと寂しい様子。 【語源・由来】 「孤影」は一人で寂しい様子。「悄然」は元気が無く寂しい様子。 【典拠・出典】 - 【類義語】…

「か」で始まる四字熟語

家貧孝子【かひんこうし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 家貧孝子 【読み方】 かひんこうし 【意味】 家が貧しいと孝行な子供ができるということ。また、人は逆境のときこそ真価があらわれるということ。「孝子」は親孝行な子供の意。 【語源・由来】 「家貧しくして孝子出…