CATEGORY 「ろ」で始まる四字熟語

「ろ」で始まる四字熟語

老婆親切【ろうばしんせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 老婆親切 【読み方】 ろうばしんせつ 【意味】 必要以上に世話を焼きすぎること。 【語源・由来】 『臨済録』「行録」より。「切」は思いがひたすらで強いさま。もと仏教の語で、師匠である僧が修行者を親切に教え導…

「ろ」で始まる四字熟語

魯魚之謬【ろぎょのあやまり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魯魚之謬 【読み方】 ろぎょのあやまり 【意味】 文字を書き誤ること。 【語源・由来】 「魯」と「魚」の字の形が似ていることから。 【類義語】 ・烏焉魯魚(うえんろぎょ) ・焉馬之誤(えんばのあやまり) ・…

「ろ」で始まる四字熟語

魯魚章草【ろぎょしょうそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魯魚章草 【読み方】 ろぎょしょうそう 【意味】 書き誤りやすい文字のこと。 【語源・由来】 「魯」と「魚」、「章」と「草」はそれぞれ字の形が似ていて間違えやすいことから。 【類義語】 ・烏焉成馬(うえんせ…

「ろ」で始まる四字熟語

狼心狗肺【ろうしんこうはい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 狼心狗肺 【読み方】 ろうしんこうはい 【意味】 人の心が残酷で、欲深いことのたとえ。 【語源・由来】 「醒世恒言」より。「狼心」は狼のように冷酷で欲深い心、「狗」は犬のことで、卑しさや狡賢いことのたとえ、…

「ろ」で始まる四字熟語

狼子野心【ろうしやしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 狼子野心 【読み方】 ろうしやしん 【意味】 凶暴な人のたとえ。または、凶暴な人は教化するのは非常に困難ということのたとえ。 【語源・由来】 「春秋左氏伝」宣公四年より。「狼子」は狼(おおかみ)の子、「野心…

「ろ」で始まる四字熟語

狼貪虎視【ろうどんこし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 狼貪虎視 【読み方】 ろうどんこし 【意味】 野心が旺盛なことのたとえ。または、無道で欲が深いこと。 【語源・由来】 「長生殿」陥関より。 狼貪」は狼のように欲が深いこと。「虎視」は虎が獲物を狙うように見る…

「ろ」で始まる四字熟語

論功行賞【ろんこうこうしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 論功行賞 【読み方】 ろんこうこうしょう 【意味】 功績や手柄を調べて、その程度に見合う褒美を与えること。「論功」は功績や手柄の程度を議論して褒美を決めること。「行賞」は褒美を与えること。「功(こう)を論(…

「ろ」で始まる四字熟語

驢鳴犬吠【ろめいけんばい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驢鳴犬吠 【読み方】 ろめいけんばい 【意味】 くだらない文章や、聞くだけ無駄な話のたとえ。「驢鳴」は動物のろばの鳴き声。ろばや犬の鳴き声のように、意味の無い話という意味から。「驢鳴き犬吠ゆ」とも訓読する。…

「ろ」で始まる四字熟語

魯魚亥豕【ろぎょがいし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魯魚亥豕 【読み方】 ろぎょがいし 【意味】 文字を書き間違えること。「魯」と「魚」、「亥」と「豕」の字の形が似ていて間違えやすいことから。 【語源・由来】 「抱朴子」内篇・遐覧、「呂子春秋」察伝より。 【…

「ろ」で始まる四字熟語

老若男女【ろうにゃくなんにょ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 老若男女 【読み方】 ろうにゃくなんにょ 【意味】 年齢や性別に関係なく、全ての人たちという意味。「老若」は老人と若者、「男女」は男性と女性のこと。 【類義語】 ・貴賤上下(きせんじょうげ) ・貴賤老若(き…