CATEGORY 「弱い」の四字熟語一覧

「ち」で始まる四字熟語

頂門一針【ちょうもんのいっしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 頂門一針 【読み方】 ちょうもんのいっしん 【意味】 相手の急所を鋭く突く適切な戒め。 【語源・由来】 「頂門」は、頭のてっぺん。鍼灸で、頭のいただきに針を打って治療することから。 【典拠・出典】 『荀卿論…

「た」で始まる四字熟語

泰山圧卵【たいざんあつらん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 泰山圧卵 【読み方】 たいざんあつらん 【意味】 非常にたやすいことのたとえ。強い者が弱い者を圧倒することのたとえ。 【語源・由来】 「泰山」は、中国の名山。高く大きな山。「圧卵」卵に圧をかけること、卵をつ…

「こ」で始まる四字熟語

枯木逢春【こぼくほうしゅん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 枯木逢春 【読み方】 こぼくほうしゅん 【意味】 苦境を脱することのたとえ。弱ったものや逆境にあるものが、勢いを盛り返すことのたとえ。春になれば枯れているように見える木も生き返るという意味から。 【語源・由…

「き」で始まる四字熟語

急所弱所【きゅうしょじゃくしょ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 急所弱所 【読み方】 きゅうしょじゃくしょ 【意味】 そこを攻められると生命にかかわるような弱点。 【語源由来】 「急所」は、身体の中でそこを害すると命にかかわる大事なところ。「弱所」は、弱点。 【典拠・出…

「ほ」で始まる四字熟語

蒲柳之質【ほりゅうのしつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】 蒲柳之質 【読み方】 ほりゅうのしつ 【意味】 若いときから体質が虚弱なこと。 【語源・由来】 「蒲柳」はかわやなぎで、木がやわらかく、その葉も秋の初めにはやばやと散ってしまうことから、か弱い体質をいう。 …

「ふ」で始まる四字熟語

不失正鵠【ふしつせいこく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 不失正鵠 【読み方】 ふしつせいこく 【意味】 物事の重要な点を正確にとらえること。的をはずさず急所をつくこと。 【語源・由来】 「正鵠」は弓の的の真ん中の黒い星(図星)のことをいう。転じて、物事の要点・急…

「ひ」で始まる四字熟語

尾大不掉【びだいふとう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 尾大不掉 【読み方】 びだいふとう 【意味】 上に立つ者の力が弱く、下にいる者の力が強すぎて制御不能になること。下の者を自由に操れないこと。 【語源・由来】 「末大なれば必ず折れ、尾大なれば掉われざるは、君…

「な」で始まる四字熟語

内柔外剛【ないじゅうがいごう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】 内柔外剛 【読み方】 ないじゅうがいごう 【意味】 内心は気が弱いのだが、外見は強そうに見えること。 【語源・由来】 内は柔らかで外は剛いという意味。 【典拠・出典】 『易経』「否・彖伝」 【類義語】 ・外…

「な」で始まる四字熟語

内剛外柔【ないごうがいじゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】 内剛外柔 【読み方】 ないごうがいじゅう 【意味】 外見は穏やかそうに見えるが、実際は意志が強いこと。また、みかけは弱々しいが、案外気が強いこと。 【語源・由来】 柳宗元の文より。「柔」はおとなしい、心が穏…

「と」で始まる四字熟語

螳螂之斧【とうろうのおの】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 螳螂之斧 【読み方】 とうろうのおの 【意味】 微弱な者が自分の力をかえりみずに強者に立ち向かうたとえ。 【語源・由来】 『韓信外伝』「八」より。かまきりが足をあげて斉の荘公の車に立ち向かったという故事から…

「と」で始まる四字熟語

蟷螂之衛【とうろうのえい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蟷螂之衛 【読み方】 とうろうのえい 【意味】 微弱な兵力・兵備のたとえ。 【語源・由来】 「螳螂」はかまきり。「衛」はまもり・守備、防備する人という意味。 【典拠・出典】 『文選』左思「魏都賦」 蟷螂之衛…

「と」で始まる四字熟語

螳臂当車【とうひとうしゃ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 螳臂当車 【読み方】 とうひとうしゃ 【意味】 微弱な者が自分の力をかえりみず強者に立ち向かうたとえ。 【語源・由来】 『韓詩外伝』「八」より。かまきりがそのかまをを振り上げて車に立ち向かうという意味。かま…

「し」で始まる四字熟語

処女脱兎【しょじょだっと】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 処女脱兎 【読み方】 しょじょだっと 【意味】 始めはたいしたことのないように見せかけて、後には見違えるほどの力を発揮するたとえ。始めは少女のようにしとやかに弱々しくみせかけて相手を油断させ、後にはうさぎの…

「し」で始まる四字熟語

人権蹂躙【じんけんじゅうりん】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】 人権蹂躙 【読み方】 じんけんじゅうりん 【意味】 国家が国民の基本的人権を侵害すること。また、強い立場の者が弱い立場の者の人権を侵犯すること。「蹂躙」は踏みにじること。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「し」で始まる四字熟語

奢侈文弱【しゃしぶんじゃく】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 奢侈文弱 【読み方】 しゃしぶんじゃく 【意味】 おごり、ぜいたくをつくし、文事ばかりにふけって、おとなしく、気が弱いこと。 【語源・由来】 「奢侈」は分限を超えた暮らしをすること。「奢」も「侈」もおごる、…

「き」で始まる四字熟語

禽困覆車【きんこんふくしゃ】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 禽困覆車 【読み方】 きんこんふくしゃ 【意味】 弱い者でも、窮地に立ち必死になれば、とてつもない力を発揮する事が出来る。 【典拠・出典】 『戦国策』「韓策」 【類義語】 ・窮鼠噛猫(きゅうそごうびょう) …

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

巾幗之贈【きんかくのぞう】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 巾幗之贈 【読み方】 きんかくのぞう 【意味】 めめしい考えや行為をはずかしめること。 【典拠・出典】 『晋書』「宣帝紀」 【類義語】 ・亮遺巾幗(りょういきんかく) 巾幗之贈(きんかくのぞう)の使い方 巾…

「き」で始まる四字熟語

窮鼠噛猫【きゅうそごうびょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 窮鼠噛猫 【読み方】 きゅうそごうびょう 【意味】 弱者でも窮地に追い込まれれば、必死で強者に反撃するというたとえ。 【語源・由来】 猫に追い詰められて、逃げることが出来なくなった鼠は猫に噛みつくという意味…