CATEGORY 「簡単」の四字熟語一覧

「む」で始まる四字熟語

無味単調【むみたんちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無味単調 【読み方】 むみたんちょう 【意味】 趣や面白みがなくこれといった変化もなく単純なこと。 【語源・由来】 「無味」は、趣がないこと。面白みがないこと。「単調」は、一本調子で変化のないこと。 【典拠…

「な」で始まる四字熟語

難易軽重【なんいけいちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 難易軽重 【読み方】 なんいけいちょう 【意味】 難しいか易しいか。軽んずべきか重んずべきか。物事の程度・価値を問うことば。 【語源・由来】 「難易」は、難しいか易しいか。「軽重」は、軽いか重いか。 【典拠…

「た」で始まる四字熟語

泰山圧卵【たいざんあつらん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 泰山圧卵 【読み方】 たいざんあつらん 【意味】 非常にたやすいことのたとえ。強い者が弱い者を圧倒することのたとえ。 【語源・由来】 「泰山」は、中国の名山。高く大きな山。「圧卵」卵に圧をかけること、卵をつ…

「か」で始まる四字熟語

簡明率直【かんめいそっちょく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 簡明率直 【読み方】 かんめいそっちょく 【意味】 飾りけがなく、簡潔でわかりやすいこと。 【語源由来】 「簡明」は、簡潔でわかりやすいこと。簡単明瞭。「率直」は、飾りけがなくありのままなこと。素直で飾りけ…

「じっくり考える」の四字熟語一覧

良禽択木【りょうきんたくぼく】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 良禽択木 【読み方】 りょうきんたくぼく 【意味】 かしこい人物は自分の仕える主人をよく吟味して仕官するものであるということ。かしこい鳥は自分が住みやすい木に巣を作るということ。 【典拠・出典】 『春秋左氏…

「ほ」で始まる四字熟語

翻雲覆雨【ほんうんふくう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 翻雲覆雨 【読み方】 ほんうんふくう 【意味】 世の人の態度や人情がうつろいやすいことのたとえ。 【語源・由来】 手のひらを上に向けると雲になり、下に向けると雨になる意で、人の心が簡単に変わることをいう。 …

「ふ」で始まる四字熟語

負薪汲水【ふしんきゅうすい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 負薪汲水 【読み方】 ふしんきゅうすい 【意味】 自然の中で簡素な生活を営むこと。 【語源・由来】 たきぎを採り、谷川の水を汲むということから。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・採薪汲水(さいしんきゅうす…

「ひそか」の四字熟語一覧

附耳之言【ふじのげん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 附耳之言 【読み方】 ふじのげん 【意味】 秘密は漏れやすいし、すぐに広まるものだということ。 【語源・由来】 耳に口をつけてする内緒話でも、千里も離れている所まで聞こえてしまうものだということから。「附耳…

「ひ」で始まる四字熟語

微言大義【びげんたいぎ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 微言大義 【読み方】 びげんたいぎ 【意味】 簡潔な言葉で奥深い意味や道理を含んでいること。 【語源・由来】 孔子の言葉について行った語。孔子が書いたとされる「春秋」の記述法を評した語。 【典拠・出典】 『…

「な」で始まる四字熟語

南山捷径【なんざんしょうけい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 南山捷径 【読み方】 なんざんしょうけい 【意味】 終南山には仕官の近道がある。また、正規の段階をふむことなく官職につく法をいう。 【語源・由来】 「南山」は長安の南にある終南山。「捷径」は最短距離・はやみ…

「え」で始まる四字熟語

直截簡明【ちょくせつかんめい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 直截簡明 【読み方】 ちょくせつかんめい 【意味】 くどくどしくなくきっぱりしていること。また、そのさま。文章や人の性質などを評していう。 【語源・由来】 「直截」はすぐに裁決する、きっぱりしているという意…

「ち」で始まる四字熟語

長袖善舞【ちょうしゅうぜんぶ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 長袖善舞 【読み方】 ちょうしゅうぜんぶ 【意味】 事前に周到な準備がしてあれば事は成功しやすいということ。条件が整い拠り所があれば何事も成功しやすいこと。 【語源・由来】 長い袖の衣をまとっている人のほう…

「た」で始まる四字熟語

多銭善賈【たせんぜんこ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 多銭善賈 【読み方】 たせんぜんこ 【意味】 資材や条件が整っていれば成功しやすいということ。 【語源・由来】 「多銭」は元手・資本がたくさんあること。「善賈」はよい商いをするという意味。資本がたくさんある…

「す」で始まる四字熟語

彗氾画塗【すいはんがと】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 彗氾画塗 【読み方】 すいはんがと 【意味】 きわめて容易なことのたとえ。 【語源・由来】 ほうきで水たまりを掃き、刀で泥に線を引くこと。 【典拠・出典】 『漢書』「王褒伝」 彗氾画塗(すいはんがと)の使い…

「し」で始まる四字熟語

終南捷径【しゅうなんしょうけい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 終南捷径 【読み方】 しゅうなんしょうけい 【意味】 終南山には仕官への近道がある。また、正規の段階をふむことなく官職につく法をいう。終南山に隠居して隠者のふりをすると名を世に知られ士官の道が得やすいという…

「し」で始まる四字熟語

咫尺之書【しせきのしょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 咫尺之書 【読み方】 しせきのしょ 【意味】 ごく短い手紙のこと。簡単な書状。 【語源・由来】 「咫尺」は周代の長さの単位で、咫は八寸、尺は十寸。転じて、きわめて短い距離や長さをいう。 【典拠・出典】 『史…