CATEGORY 「冷たい」の四字熟語一覧

「む」で始まる四字熟語

無法千万【むほうせんばん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無法千万 【読み方】 むほうせんばん 【意味】 人の道を非常にはずれること。また、非常に無礼であること。ひどく乱暴であること。 【語源・由来】 「無法」は、法を無視し、道徳にはずれること。乱暴なこと。無理な…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

無理非道【むりひどう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無理非道 【読み方】 むりひどう 【意味】 人の道や、道理にはずれること。また、そのような行い。 【語源・由来】 「無理」は、道理がないこと。いわれがないこと。「非道」は、道理、または人情にそむくこと。 【…

「ほ」で始まる四字熟語

暴君暴利【ぼうくんぼうり】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 暴君暴利 【読み方】 ぼうくんぼうり 【意味】 乱暴で、人の道にはずれた行為をして、人民をしいたげ、苦しめる君主と役人。 【語源・由来】 「暴君」は、乱暴で道にはずれた行為をして、民をしいたげる君主と役人。…

「ずる賢い」の四字熟語一覧

佞悪醜穢【ねいあくしゅうわい】の意味と使い方や例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 佞悪醜穢 【読み方】 ねいあくしゅうわい 【意味】 心が曲がって性質が悪く、醜く汚らわしいこと。 【語源・由来】 「佞悪」は、心が曲がっていること。「醜穢」は、醜く汚らわしいこと。「穢」は、けがれる。 【典…

「し」で始まる四字熟語

秋風冽冽【しゅうふうれつれつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 秋風冽冽 【読み方】 しゅうふうれつれつ 【意味】 寒々と吹く秋風のように、厳しく冷たいこと。 【語源・由来】 「冽冽」は、風や寒さが厳しいさま。 【典拠・出典】 『文選』左思「雑詩」 【類義語】 ・秋風凛…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

残忍薄行【ざんにんはっこう】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】 残忍薄行 【読み方】 ざんにんはっこう 【意味】 むごくて人情味がないこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・残虐非道(ざんぎゃくひどう) ・残虐無動(ざんぎゃくむどう) ・残酷非道(ざんこくひどう) ・…

「れ」で始まる四字熟語

冷嘲熱罵【れいちょうねつば】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 冷嘲熱罵 【読み方】 れいちょうねつば 【意味】 冷ややかにあざけり熱心になじること。 【語源・由来】 上下二つずつで「あざけりなじる」意の「嘲」「罵」を分け配し、「冷」「熱」という形容の語を対でそれぞれに…

「ら」で始まる四字熟語

落穽下石【らくせいかせき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 落穽下石 【読み方】 らくせいかせき 【意味】 人の危難につけ込んでさらに痛めつけることをいう。 【語源・由来】 人が落とし穴に落ちたのに上から石を落とす意。「穽」は落とし穴の意。 【典拠・出典】 韓愈「柳…

「ほ」で始まる四字熟語

暴戻恣雎【ぼうれいしき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 暴戻恣雎 【読み方】 ぼうれいしき 【意味】 横暴で残忍な人物の形容。乱暴で道理にもとり気ままに振る舞い人をにらみつけること。 【語源・由来】 「暴」は乱暴または横暴なこと。「戻」は道理にもとる、道理にそむ…

「ほ」で始まる四字熟語

蜂目豺声【ほうもくさいせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蜂目豺声 【読み方】 ほうもくさいせい 【意味】 凶悪で冷酷な人のこと。 【語源・由来】 「蜂目」は蜂のように細い目つき。「豺」は狼に似て凶暴な山犬のこと。「豺声」はその山犬のような不気味な声をいう。 【典…

「て」で始まる四字熟語

滴水成氷【てきすいせいひょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 滴水成氷 【読み方】 てきすいせいひょう 【意味】 冬の厳しい寒さのこと。また極寒の地のこと。 【語源・由来】 滴りおちる水が、すぐ氷になるという意味から。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・滴水成凍(てき…

「す」で始まる四字熟語

随鴉彩鳳【ずいあさいほう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 随鴉彩鳳 【読み方】 ずいあさいほう 【意味】 自分より劣る人に嫁がされること。また、それに不満を持つこと。転じて、婦人が夫をぞんざいに遇すること。 【語源・由来】 美しい色のおおとりが鴉に嫁ぐという意味。…

「し」で始まる四字熟語

豕交獣畜【しこうじゅうちく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 豕交獣畜 【読み方】 しこうじゅうちく 【意味】 豚なみにあしらい、獣なみに養う。礼をもって人を待遇せず、獣や家畜と同じようにとりあつかうこと。 【語源・由来】 「豕交」は豚とみなして交わること。「獣畜」は…

「さ」で始まる四字熟語

残杯冷炙【ざんぱいれいしゃ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 残杯冷炙 【読み方】 ざんぱいれいしゃ 【意味】 ひどい待遇や冷たい扱いをされること。恥辱や屈辱を受けるたとえ。貧しい食事や食べ残しで接待されるような屈辱を受けること。 【語源・由来】 「残杯」は他人が飲み…

「さ」で始まる四字熟語

残忍酷薄【ざんにんこくはく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 残忍酷薄 【読み方】 ざんにんこくはく 【意味】 思いやりがなくむごいこと。 【語源・由来】 「残忍」と「酷薄」はともに、ひどく不人情で思いやりの気持ちがないという意味。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「し」で始まる四字熟語

笑裏蔵刀【しょうりぞうとう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 笑裏蔵刀 【読み方】 しょうりぞうとう 【意味】 外見はやさしそうでおだやかでありながら、内心は陰険なものをもつこと。 【語源・由来】 「笑裏」は笑顔の内側、中のこと。「蔵刀」は刀を隠して持っていること。表…