CATEGORY 「に」で始まる四字熟語

「に」で始まる四字熟語

二六時中【にろくじちゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 二六時中 【読み方】 にろくじちゅう 【意味】 一日中。終日。いつも・しじゅう。 【語源・由来】 昔、一日を昼六つ、夜六つにくぎり合計十二時としたことによる。 【類義語】 ・四六時中(しろくじちゅう) 二六…

「に」で始まる四字熟語

忍気呑声【にんきどんせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 忍気呑声 【読み方】 にんきどんせい 【意味】 怒りをこらえて声に出さないこと。遠慮して憤りを抑え、言いたいこともあえて言わないでいること。 【類義語】 ・忍之一字(にんのいちじ) ・隠忍自重(いんにんじち…

「に」で始まる四字熟語

女人禁制【にょにんきんせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 女人禁制 【読み方】 にょにんきんせい 【意味】 修行の妨げになるとして女人が寺や聖域山内に入ることを禁じたこと。 女人禁制(にょにんきんせい)の使い方 女人禁制(にょにんきんせい)の例文 この山の神様は女…

「に」で始まる四字熟語

入木三分【にゅうぼくさんぶ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 入木三分 【読み方】 にゅうぼくさんぶ 【意味】 書道で筆勢が非常に強いこと。また、物事を的確に深くつっこんで考えること。 【語源・由来】 『説郛』八七引『書断』「王羲之」より。「入木」は木にしみこむという…

「に」で始まる四字熟語

入境問禁【にゅうきょうもんきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 入境問禁 【読み方】 にゅうきょうもんきん 【意味】 国境を超えたら、まずその国・地方で禁止されていることをたずね、それを犯さないことがたいせつであるということ。 【語源・由来】 『礼記』「曲礼・上」より。…

「に」で始まる四字熟語

日昃之労【にっしょくのろう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 日昃之労 【読み方】 にっしょくのろう 【意味】 昼食も食べずに昼過ぎまで苦労して働くこと。 【語源・由来】 『後漢書』「陳元伝」より。「日昃」は昼過ぎ・未の刻。今の午後二時頃。「昃」は日が西に傾くという意…

「に」で始まる四字熟語

日居月諸【にっきょげっしょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 日居月諸 【読み方】 にっきょげっしょ 【意味】 日よ月よ。君と臣。また国君とその夫人。また父母にたとえる。「居」「諸」は語末の助字。 【語源・由来】 『詩経』「邶風・日月」より。 日居月諸(にっきょげっし…

「に」で始まる四字熟語

日陵月替【にちりょうげったい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 日陵月替 【読み方】 にちりょうげったい 【意味】 日に日に衰えること。 【語源・由来】 『貞観政要』「君道」より。「陵」「替」ともしだいに衰えるという意味。 日陵月替(にちりょうげったい)の使い方 日陵月…

「に」で始まる四字熟語

日常坐臥【にちじょうざが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 日常坐臥 【読み方】 にちじょうざが 【意味】 日常いつでもという意味。ふだん。 【語源・由来】 日常すわっているときもねているときもという意味から。 【類義語】 ・常住坐臥(じょうじゅうざが) 日常坐臥(…

「に」で始まる四字熟語

肉袒負荊【にくたんふけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 肉袒負荊 【読み方】 にくたんふけい 【意味】 思うままに処罰せよと謝罪する作法のこと。真心からの謝罪のたとえ。 【語源・由来】 『史記』「廉頗藺相如伝」より。はだ脱ぎして、笞刑に用いるいばらのつえを背負い…

「に」で始まる四字熟語

肉山脯林【にくざんほりん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 肉山脯林 【読み方】 にくざんほりん 【意味】 ぜいたくな宴会のこと。 【語源・由来】 『帝王世紀』より。「脯」は干し肉のこと。なま肉が山のように、干し肉が林のように多いこと。 殷の紂王は、池に酒をたたえ、…

「に」で始まる四字熟語

二河白道【にがびゃくどう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 二河白道 【読み方】 にがびゃくどう 【意味】 水と火の二つの川に挟まれたひとすじの白い道。極楽の彼岸に到達する道にたとえたもの。 【語源・由来】 水の川と火の川を貪りと怒りにたとえ、この二つの川に挟まれた…

「に」で始まる四字熟語

人三化七【にんさんばけしち】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人三化七 【読み方】 にんさんばけしち 【意味】 容貌が非常に醜いこと。特に女性に対して蔑んで言う言葉。 【語源・由来】 人間らしい部分が三分で、化け物のような部分が七分であるという意味から。 人三化七(に…

「に」で始まる四字熟語

肉袒牽羊【にくたんけんよう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 肉袒牽羊 【読み方】 にくたんけんよう 【意味】 降伏してその相手に臣下にしてほしいと請い願うこと。 【語源・由来】 「春秋左氏伝」宣公一二年より。「肉袒」は上半身を脱ぎ裸になることで、どんな罰でも受けると…

「に」で始まる四字熟語

二律背反【にりつはいはん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 二律背反 【読み方】 にりつはいはん 【意味】 互いに矛盾している二つの命題が、互いに同じだけの合理性や整合性があること。あちら立てればこちら立たずの状態。 【語源・由来】 ドイツ語のアンチノミーの訳。「A…

「に」で始まる四字熟語

日常茶飯【にちじょうさはん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 日常茶飯 【読み方】 にちじょうさはん 【意味】 頻繁に起こるような、よくある出来事のこと。ありきたりな出来事を日常の食事(茶と飯)にたとえた言葉。「日常茶飯事」や「茶飯事」ともいう。 【類義語】 ・家常茶…

「に」で始まる四字熟語

二束三文【にそくさんもん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 二束三文 【読み方】 にそくさんもん 【意味】 売値が非常に安いこと。いくら売っても、もうけが出ないほどの安値で売ること。投げ売り。 【語源・由来】 昔、金剛草履(藁わらや藺いなどで作られた大形で丈夫な草履…

「に」で始まる四字熟語

日進月歩【にっしんげっぽ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 日進月歩 【読み方】 にっしんげっぽ 【意味】 とどまることなく急速に進歩、発展すること。 日に、月に進歩する意味から、休みなく目に見えて進歩すること。 【類義語】 ・日新月異(にっしんげつい) ・日就月将…