CATEGORY 「に」で始まる四字熟語

「に」で始まる四字熟語

柔和温柔【にゅうわおんじゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 柔和温柔 【読み方】 にゅうわおんじゅう 【意味】 優しく大人しくて素直なこと。優しく穏やかなこと。 【語源・由来】 「柔和」は、優しい、おとなしい。「温順」は、優しくて素直。おとなしくて素直。 【典拠・出…

「に」で始まる四字熟語

如意自在【にょいじざい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 如意自在 【読み方】 にょいじざい 【意味】 自分の思いのままになること。 【語源・由来】 「如意」も「自在」も、思い通りになること。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・緩急自在(かんきゅうじざい) ・縦横…

「に」で始まる四字熟語

如意宝珠【にょいほうじゅ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 如意宝珠 【読み方】 にょいほうじゅ 【意味】 一切の願望が自らの意に添ってかなえられるという、不思議な玉のこと。 【語源・由来】 「如意」は、思い通りになる。如意輪観音が手に持ち、民衆の願いを成就させてく…

「に」で始まる四字熟語

人情風俗【にんじょうふうぞく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 人情風俗 【読み方】 にんじょうふうぞく 【意味】 人の感情と社会のならわし。 【語源・由来】 「人情」は、ここでは人の心。「風俗」は、社会のならわし。風習。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・世態人情(せ…

「に」で始まる四字熟語

人相風体【にんそうふうてい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 人相風体 【読み方】 にんそうふうてい 【意味】 人の顔つきと身なり。 【語源・由来】 「人相」は、火との顔つき。容貌。「風体」は、身なり。外見。 素性のはっきりしない人物に対して、悪い意味で用いられること…

「いつも」の四字熟語一覧

二六時中【にろくじちゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 二六時中 【読み方】 にろくじちゅう 【意味】 一日中。終日。いつも・しじゅう。 【語源・由来】 昔、一日を昼六つ、夜六つにくぎり合計十二時としたことによる。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・四六時中(し…

「に」で始まる四字熟語

入木三分【にゅうぼくさんぶ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 入木三分 【読み方】 にゅうぼくさんぶ 【意味】 書道で筆勢が非常に強いこと。また、物事を的確に深くつっこんで考えること。 【語源・由来】 「入木」は木にしみこむという意味。「三分」は約七ミリ。 中国東晋の…

「に」で始まる四字熟語

入境問禁【にゅうきょうもんきん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 入境問禁 【読み方】 にゅうきょうもんきん 【意味】 国境を超えたら、まずその国・地方で禁止されていることをたずね、それを犯さないことがたいせつであるということ。 【典拠・出典】 『礼記』「曲礼・上」 【類…

「に」で始まる四字熟語

日昃之労【にっしょくのろう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 日昃之労 【読み方】 にっしょくのろう 【意味】 昼食も食べずに昼過ぎまで苦労して働くこと。 【語源・由来】 「日昃」は昼過ぎ・未の刻。今の午後二時頃。「昃」は日が西に傾くという意味。 【典拠・出典】 『後…

「に」で始まる四字熟語

日陵月替【にちりょうげったい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 日陵月替 【読み方】 にちりょうげったい 【意味】 日に日に衰えること。 【語源・由来】 「陵」「替」ともしだいに衰えるという意味。 【典拠・出典】 『貞観政要』「君道」 日陵月替(にちりょうげったい)の使…