CATEGORY 「道楽・趣味」の四字熟語一覧

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

風狂無頼【ふうきょうぶらい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 風狂無頼 【読み方】 ふうきょうぶらい 【意味】 常軌を逸し、無法な行いをしながら、芸術や哲学など風雅に徹すること。 【語源・由来】 「風狂」は、風雅に徹すること。常軌を逸していること。また、その人。「無頼…

「し」で始まる四字熟語

尋花問柳【じんかもんりゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 尋花問柳 【読み方】 じんかもんりゅう 【意味】 花を探したり、柳を問い求めたりして春の景色を楽しむこと。のち転じて、花柳を妓女にたとえて、花柳界に遊ぶことのたとえ。 【語源・由来】 「尋花」は花を探りめで…

「き」で始まる四字熟語

吃喝嫖賭【きっかつひょうと】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 吃喝嫖賭 【読み方】 きっかつひょうと 【意味】 食べること・酒を飲むこと・女性と遊ぶこと・賭博の四道楽。 【語源由来】 「吃」は、食べること。「喝」は、飲むこと。「嫖」は、女性と遊ぶこと。「賭」は、ばくち…

「り」で始まる四字熟語

竜舟鷁首【りょうしゅうげきしゅ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜舟鷁首 【読み方】 りょうしゅうげきしゅ 【意味】 風流を楽しむ船のこと。 【語源・由来】 竜の頭のついた舟と、水鳥(鷁)の首のついた舟をいう。転じて、豪華な舟遊びの意に用いる場合もある。 【典拠・出典】…

「り」で始まる四字熟語

流連荒亡【りゅうれんこうぼう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 流連荒亡 【読み方】 りゅうれんこうぼう 【意味】 家にも帰らず酒食や遊興にふけって仕事をなまけること。 【語源・由来】 「流連」は遊びにふけって家に帰るのも忘れること。「荒亡」は狩猟や酒食などの楽しみにふ…

「り」で始まる四字熟語

流觴曲水【りゅうしょうきょくすい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 流觴曲水 【読み方】 りゅうしょうきょくすい 【意味】 曲折した水の流れに杯を浮かべ、それが自分の前を流れ過ぎないうちに詩を作り、杯の酒を飲むという風雅な遊びのこと。 【語源・由来】 「觴」は杯の意。「曲水…

「ら」で始まる四字熟語

蘭亭殉葬【らんていじゅんそう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蘭亭殉葬 【読み方】 らんていじゅんそう 【意味】 書画や骨董、器物などを非常に愛好するたとえ。 【語源・由来】 「蘭亭」は王義之の「蘭亭帖」、「殉葬」は死んだ人といっしょに葬ること。 唐の太宗は書を好み、…

「も」で始まる四字熟語

問柳尋花【もんりゅうじんか】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 問柳尋花 【読み方】 もんりゅうじんか 【意味】 春に柳や花をめでること。春のきれいな景色をさぐり求めて散策すること。また、花街に遊ぶこと。 【語源・由来】 「柳を問い、花を尋ねて野亭に到る」による。 【典…

「へ」で始まる四字熟語

秉燭夜遊【へいしょくやゆう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 秉燭夜遊 【読み方】 へいしょくやゆう 【意味】 人生ははかなく短いので、せめて夜も灯をともして遊び、生涯を楽しもうという意味。 【語源・由来】 「秉る」は持つことで、灯をともして夜も遊ぶということ。 【典…

「ちょうどよい」の四字熟語一覧

文質彬彬【ぶんしつひんぴん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 文質彬彬 【読み方】 ぶんしつひんぴん 【意味】 外見の美しさと内面の実質がよく調和していること。人の文雅であってしかも飾りけの無いことの形容。 【語源・由来】 「文」は表面の美しさ・外見のこと。「質」は中…

「ふ」で始まる四字熟語

風流韻事【ふうりゅういんじ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風流韻事 【読み方】 ふうりゅういんじ 【意味】 詩歌や書画などの風流な遊び。また、自然を友とするような優雅な趣味。 【語源・由来】 「風流」は上品で趣があること。「韻事」は詩歌や書画など風流な遊びのこと。…

「ひ」で始まる四字熟語

病入膏肓【びょうにゅうこうこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 病入膏肓 【読み方】 びょうにゅうこうこう 【意味】 趣味や道楽に熱中したり、弊害などが手のつけられないほどになったりすることのたとえ。重病で治療が難しい状態のこと。 【語源・由来】 「膏」は心臓の下の部分…

「は」で始まる四字熟語

白屋之士【はくおくのし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 白屋之士 【読み方】 はくおくのし 【意味】 仕官せず貧困な読書人をいう。 【語源・由来】 「白屋」は白い茅でふいた屋根の家、転じて庶民や貧乏人の家のこと。 【典拠・出典】 『説苑』「尊賢」 白屋之士(はく…

「は」で始まる四字熟語

梅妻鶴子【ばいさいかくし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 梅妻鶴子 【読み方】 ばいさいかくし 【意味】 梅と鶴を家族にする意で、妻をめとらず俗世を離れ、気ままに風流に暮らすたとえ。 【語源・由来】 中国宋の時代、林逋は、隠遁して西湖のほとりに住んでいたが、妻をめ…

「て」で始まる四字熟語

低徊趣味【ていかいしゅみ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 低徊趣味 【読み方】 ていかいしゅみ 【意味】 世俗を離れて、余裕ある心で自然や芸術にひたる態度。 【語源・由来】 「低徊」は思いにふけり、行きつもどりつするさま。自然主義への反発から夏目漱石が高岡虚子の「…

「し」で始まる四字熟語

嘯風弄月【しょうふうろうげつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 嘯風弄月 【読み方】 しょうふうろうげつ 【意味】 自然の風景に親しみ、風流を好んで楽しむこと。 【語源・由来】 「嘯」は口をすぼめて声を長く引いて歌を口ずさむさまで、「嘯風」は風に合わせて歌うこと、「弄月…

「いつも」の四字熟語一覧

朝観夕覧【ちょうかんせきらん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 朝観夕覧 【読み方】 ちょうかんせきらん 【意味】 朝に見て夕べにも見る。朝な夕なに見る。 【語源由来】 書画などを愛玩すること。 【典拠・出典】 『歴代名画記』 朝観夕覧(ちょうかんせきらん)の使い方 朝…

「そ」で始まる四字熟語

騒人墨客【そうじんぼっかく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 騒人墨客 【読み方】 そうじんぼっかく 【意味】 詩を作ったり書や絵をかいたりする風流人。 【語源・由来】 「騒人」は屈原の「離騒」の作風に学んだ文人一派から転じて、広く詩人をいう。「墨客」は書画にすぐれた…