「四字熟語」のLINEスタンプ発売中♪

【2023年最新】四字熟語人気ランキングTOP30(意味付き)

四字熟語人気ランキング

当サイトの四字熟語の中から、2022年1月1日〜2022年12月31日の1年間で、最も人気があった四字熟語TOP30をランキング形式でご紹介します。

当サイトの四字熟語を意味から確認した場合は、「逆引き検索一覧」をご確認ください。

四字熟語人気ランキング 1位〜10位

第1位

臨機応変【りんきおうへん】

臨機応変

【意味】
ものごとを、その時その場の状況に合わせて、適切に処理すること。状況に応じた行動をとること。

四字熟語の博士
「臨機応変」は、その場の状況に合わせて、適切な対応をすることを意味しているんだよ。
具体的には、思わぬ事態にもすばやく適応し、最適な手段を取る、という柔軟性を表しているんだ。
助手ねこ
ほんなら、それは「何が起きても臆せずに対応する」ってことやな。
何か予想外のことが起きても、すぐに考えて適切な行動を取るんやな。
これは、「いつ何が起きても大丈夫なように、フットワーク軽く対応しよう」っていう意味なんやな。

温故知新【おんこちしん】

温故知新

【意味】
前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。古いものをたずね求めて新しい事柄を知る意から。

四字熟語の博士
「温故知新」という四字熟語は、過去に学んだことや、昔の出来事を再度見直すことで、新たな知識や理解を得るという意味だよ。
つまり、古いものから新しい学びを引き出すという考え方だね。
助手ねこ
それは、まあ、「昔学んだことを見直すことで新しいことがわかる」ってことやな。
昔の出来事や知識を再確認することで、新しい発見や理解があるんやな。
これは、「昔のことからも新しいことを学べる」って教えてくれる言葉なんやで。

臥薪嘗胆【がしんしょうたん】

臥薪嘗胆

【意味】
目的を達成するために機会を待ち、苦労を耐え忍ぶこと。

四字熟語の博士
「臥薪嘗胆」という四字熟語は、過酷な状況を耐えながら目標を追い求めることを言うんだよ。
もともとは、仇を討つため、苦難を耐え続けるという意味だけど、一般的には、目的を達成するために大変な苦労を耐え忍ぶという意味で使われるんだ。
助手ねこ
そやから、「めっちゃ苦しい思いをしても、目標のために我慢する」ってことやな。
本来は仇討ちのために苦労するんやけど、どんなに大変でも目指すもんがあるから頑張る、っていう意味やねん。
これは、「目標を達成するための我慢強さ」を示す言葉なんやで。

月下氷人【げっかひょうじん】

月下氷人

【意味】
仲人。媒酌人。縁を取り持つ人。

四字熟語の博士
「月下氷人」の意味は「仲人」や「縁を結ぶ人」だよ。これをもっと簡単に言うと、「人々が友達になったり、結婚したりするのを手伝う人」っていう意味になるんだ。
助手ねこ
まるで、友達同士をつなげるブリッジのような役割を果たす人だね。

四面楚歌【しめんそか】

四面楚歌

【意味】
周りを敵に囲まれて苦しい立場に陥ったこと。誰の助けもなく孤立すること。

四字熟語の博士
「四面楚歌」は、周りが全部敵や反対者で、一人ぼっちの状態を表すんだよ。
味方や応援してくれる人が一人もいない、そしてみんなから非難されるような状態のことを言うんだ。
助手ねこ
それはもう、「周り全部が敵で、ひとりぼっち」って状態やな。
助けてくれる人が一人もおらん、みんなから文句を言われるような状況やで。
これは、「一人ぼっちでも立ち向かう強さ」を教えてくれるんやな。


明鏡止水【めいきょうしすい】

明鏡止水

【意味】
邪念がなく、澄み切って落ち着いた心の形容。

ことわざ博士
「明鏡止水」っていう言葉は、これは心がすごく落ち着いていて、何も気にせずに物事をはっきりと見る状態を意味しているんだ。これをもっとわかりやすく言うと、「心に迷いがなくて、すごく落ち着いて、物事をそのまま、はっきりと見ることができる状態」みたいな感じだよ。
助手ねこ
例えば、「テスト前だけど、全然心配してないよ。勉強もちゃんとできてるし、明鏡止水の状態だよ」って使ったら、「テスト前でも全然心配してなくて、落ち着いていて、物事をはっきりと見ることができる状態」って意味になるんだ。

風林火山【ふうりんかざん】

風林火山

【意味】
戦いにおける四つの心構え。風のようにすばやく動き、林のように静かに構え、火の如く激しく侵略し、山のようにどっしりと構えて動かない意。転じて、物事の対処の仕方にもいう。時機や情勢などに応じた動き方。

ことわざ博士
「風林火山」は、時々難しい事態に合わせてどうするべきかを教えてくれる言葉だよ。元々は、戦争をうまく指導するための4つの戦略を示しているんだ。
助手ねこ
「風」のように、すばやく動いてすぐに行動すること。「林」のように、静かに待ってチャンスが来るのを見つけること。「火」のように、力強く攻撃すること。「山」のように、しっかりと立って動かないで耐えること。これが4つの戦略だよ。

切磋琢磨【せっさたくま】

切磋琢磨

【意味】
学問・道徳に、励みに励むこと。また、仲間同士互いに励まし合って向上すること。

四字熟語の博士
「切磋琢磨」という四字熟語は、友達同士が互いに助け合い、競い合って技術や知識を高めることを表しているんだよ。
これは元々、天生の才能がある人が修行を積むことで立派な人になる、という意味からきているんだ。
助手ねこ
なるほどな。それは、「みんなで助け合って、一緒に上手になる」ってことやな。
みんなで協力したり、競争したりしながら、自分のスキルを上げていくんやな。
これは、「一人でなく、みんなで助け合って成長することの大切さ」を教えてくれる言葉やで。

画竜点睛【がりょうてんせい】

画竜点睛

【意味】
物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ。また、物事の最も肝要なところのたとえ。文章や話などで肝心なところに手を入れて、全体をいっそう引き立てるたとえ。

四字熟語の博士
「画竜点睛」という四字熟語は、物事を完全に仕上げるための最後の重要な部分を指すんだよ。
龍の絵を描き、その最後に眼を入れることで龍が生き生きとした姿になる、というイメージから来ているんだ。
助手ねこ
そうなんや!つまり、「物事を仕上げる時の一番大切な部分」ってことやな。
龍の絵に最後に目を入れて、龍がほんまに生きてるみたいになるんやな。
これは、「物事を最後までキチンとやり遂げる大切さ」を教えてくれる言葉やで。

呉越同舟【ごえつどうしゅう】

呉越同舟

【意味】
敵同士が、同じ場所に居合わせたり。協力したりすること。

四字熟語の博士
「呉越同舟」という四字熟語は、普段は仲が良くない人たちが同じ場所や状況に置かれ、一緒に行動することを表しているんだよ。
また、普段は仲が悪いけれど、困難な状況を乗り越えるためには一時的に協力し合う、という意味も含まれているんだ。
助手ねこ
つまり、「普段は仲が悪いけど、同じ船に乗って一緒に行動しなあかん状況」ってことやな。
そして、普段は反目しながらも、厳しい状況を乗り切るためには、一時的にでも協力し合うねんな。
これは、「仲が悪いけど、困難を乗り越えるために協力する大切さ」を教えてくれる言葉やで。

四字熟語人気ランキング 11位〜20位

以心伝心【いしんでんしん】

以心伝心

【意味】
無言のうちに心が通じ合うこと。考えていることが言葉を言わずにお互いが理解しあう間柄のこと。

四字熟語の博士
「以心伝心」という四字熟語は、言葉や文字を使わなくても、心から心へと何かを伝えることを表しているんだよ。

もともとは禅宗の言葉で、教えたり学んだりすることを言葉に頼らず、心から心へと直接伝えることを意味していたんだ。

助手ねこ
なるほど、それはつまり、「言葉を使わずに、心で感じ合う」ってことやな。教える人と学ぶ人の間で、言葉よりも深いところで、何かを伝えるんやな。

これは、「言葉だけではない、心からのコミュニケーションの大切さ」を教えてくれる言葉やで。


五穀豊穣【ごこくほうじょう】

五穀豊穣

【意味】
穀物が豊かに実ること。豊かに実ることを願っていうことが多い。

四字熟語の博士
「五穀豊穣」という四字熟語は、穀物がたくさん実ることを意味しているんだよ。
これは、作物がたくさん育って収穫が豊かになることを願う言葉だ。
助手ねこ
それはつまり、「お米や野菜などが、ごっそりと収穫できる」ってことやな。
たくさんの食べ物ができて、みんながお腹いっぱいになれる、そんな幸せな状況を表すんやな。
これは、「自然とともに生き、収穫を喜ぶ心」を教えてくれる言葉なんやで。

大器晩成【たいきばんせい】

大器晩成

【意味】
偉大な人物は、大成するまでに時間がかかる。また大きな器は、作り上げるのに長い時間がかかるということ。スケールの大きな人は、若い頃はあまり目立たないけど、ある程度年をとっていくと、本来の力が発揮されて、最後には大物になるということをいう。

四字熟語の博士
「大器晩成」という四字熟語は、素晴らしい人物がその才能を全面に出すまでには時間がかかるという意味だよ。
大きな壺を作るのに時間が必要なように、真の才能は時間をかけて磨かれ、人々が認めるようになることが多いんだ。
助手ねこ
それは、要するに「すごい人でも、すぐにすごさがわかるわけじゃないんやな」ってことやで。
大きな壺を作るのに時間がかかるように、すごい人がすごいって認められるまでには時間がかかるんや。
これは、「焦らずじっくりと自分を磨き続ける大切さ」を教えてくれる言葉やね。

質疑応答【しつぎおうとう】

質疑応答

【意味】
質問とそれに対する答弁。
疑問点を質問して、それに応じて答えること。

四字熟語の博士
「質疑応答」という四字熟語は、会議などで行われる質問とその答えを交わすやり取りのことを指すんだよ。
質問をする側からの疑問を解消し、答える側からの説明を深めるための交流だよ。
助手ねこ
それは、「会議や授業で、わからんところを質問して、先生や他の人がそれに答えるやり取り」ってことやな。
誰かが質問すると、それに対して説明があるんやな。
これは、「わからんことは聞いて解決する」っていう大切さを教えてくれる言葉なんやで。

五里霧中【ごりむちゅう】

五里霧中

【意味】
物事の状況や手掛かりがつかめず、判断に迷うこと。事情がわからない中、手探りで行動すること。

四字熟語の博士
「五里霧中」という四字熟語は、どう行動すればいいか見当がつかず、迷ってしまう状況を表しているんだよ。
まるで霧に包まれてどの方向に進めばいいかわからない、という状態のたとえなんだ。
助手ねこ
なるほど、それは「どうすればいいか全くわからへん、まるで霧の中を彷徨っているような状態」ってことやな。
霧が深いと前が見えへんから、どっちに進んでいいか迷うんやな。
これは、「どう行動すればいいか迷うときの感じ」を教えてくれる言葉なんやで。

疑心暗鬼【ぎしんあんき】

疑心暗鬼

【意味】
心に疑いを抱いていると、なんでもないことまで疑わしく不安に思えてくること。疑いがつのり何でもないことにおびえるようす。疑いの心が膨れ上がると、何でもないことにも不安や恐れを抱くものである。

四字熟語の博士
「疑心暗鬼」という四字熟語は、一度疑念が頭に浮かぶと、それが取り払えずに、些細なことまで疑ってしまい、不安や恐怖を感じる状況を指すんだよ。
どこにでも怖いものが潜んでいるように感じる、という表現なんだ。
助手ねこ
なるほどなぁ、つまり、「ちょっと疑い始めたら、どんどん怖くなって、なんでも疑っちゃう」ってことやな。
ちょっとしたことまで恐ろしく感じてしまうんやな。
これは、「疑いすぎて怖くなっちゃう」っていう状況を表してるわけやな。

已己巳己【いこみき】

已己巳己

【意味】
たがいに似ているもののたとえ。

四字熟語の博士
「已己巳己」という四字熟語は、互いにとても似ているものを指しているんだよ。
つまり、お互いが鏡像のように似ている状況を表す表現なんだ。
助手ねこ
それはつまり、「互いにそっくりなもの」ってことやな。
まるで自分の鏡像を見てるみたいに、相手と自分がそっくりで、区別つかんほど似てるんやな。
これは、「互いにとても似ている」っていう状況を描いてるんやで。

一挙両得【いっきょりょうとく】

一挙両得

【意味】
一つの行動で二つの利益を得ること。また、少ない労力で多くの利益を得ること。

四字熟語の博士
「一挙両得」という言葉は、一つの行動で二つの良い結果を同時に得られるという意味だよ。
助手ねこ
たとえば、運動をすることで健康に良い影響があるだけでなく、ストレスも解消できる。これは「一挙両得」だよね。つまり、一つの行動(運動をすること)で、二つの良い結果(健康になる、ストレスが減る)が得られるということを表しているんだ。

捲土重来【けんどちょうらい】

捲土重来

【意味】
一度敗れた者が、再び勢いを取り戻して巻き返すこと。

四字熟語の博士
「捲土重来」は、「一度失敗したけど、もう一度元気になって戦いに戻ること」って意味だよ。
助手ねこ
例えば、サッカーの試合で一度負けたチームが、もう一度元気になって再戦に挑むとき、それを「捲土重来」というんだよ。

羊頭狗肉【ようとうくにく】

羊頭狗肉

【意味】
うわべや宣伝文句は立派だが、中身や実質がともなわないこと。

ことわざ博士
「羊頭狗肉」の意味は、見た目や表面だけが立派で、実際の内容や中身がその見た目に見合っていないことだよ。たとえば、美しく装飾された商品のパッケージを見て、中身もすごく良いものだと思ったけど、開けてみたら期待ほどのものではなかった、みたいな状況を指すんだ。
助手ねこ
つまり、外側と中身が一致していないことを表す言葉なんだよ。

四字熟語人気ランキング 21位〜30位

適材適所【てきざいてきしょ】

適材適所

【意味】
能力に適した地位や任務につけること。

四字熟語の博士
「適材適所」という四字熟語は、それぞれの人の能力や才能を最大限に活かせるように、最適な場所や役割に配置することを指すんだ。
助手ねこ
あー、それは「一人一人の特技や得意なことを活かして、最適な仕事につかせる」ってことか。
それぞれの人が一番活躍できる場所で頑張れるようにするってわけやな。
これは、「得意なことを活かす大切さ」を教えてくれる言葉やな。

自暴自棄【じぼうじき】

自暴自棄

【意味】
自らその身を損ない、自らその身を棄てること。やけくそになること。

ことわざ博士
「自暴自棄」は、自分のことを大切に思わずに、とても困っている状態を表しているんだ。具体的には、「もう何もかもダメだ」と思って、自分を守ることをやめてしまうこと、または、自分を無理に追い込むことを指すよ。
助手ねこ
例えば、学校のテストで悪い点を取ってしまったとき、落ち込んで「もう何もかもダメだ」と思って、勉強を全然しなくなってしまう状況とか、サッカーの試合で自分のミスで失点してしまったとき、「もう何もかもダメだ」と思って、試合をやめてしまう状況が「自暴自棄」になるよ。

大同小異【だいどうしょうい】

大同小異

【意味】
細かい違いがあるが、ほぼ同じであること。

四字熟語の博士
「大同小異」という四字熟語は、ちょっとした部分では違いがあるけれども、全体的に見るとだいたい同じという意味だよ。
細かい違いはあるけれども、本質的には大きな差がないということを表しているんだ。
助手ねこ
ええとね、「ちょこっとだけ違うけど、ほとんど一緒」ってことやな。
細かいところはちょっと違うかもしれへんけど、大体は同じみたいなんやで。
これは、「細部に目を向けても、全体としては変わらん」っていう事実を教えてくれる言葉やな。

孟母三遷【もうぼさんせん】

孟母三遷

【意味】
子供は周囲の影響を受けやすいので、子供の教育には環境を選ぶことが大切であるという教え。

ことわざ博士
「孟母三遷」の意味は、子どもたちは周囲のことばや行動にすぐ影響を受けるから、子どもが育つ場所や環境はすごく大切、っていうことなんだよ。
助手ねこ
だから、子どもたちにとってよいと思われる場所に住むように選ぶ、これが大切なんだっていう話なんだよ。

一石二鳥【いっせきにちょう】

一石二鳥

【意味】
何か一つのことをして、二つの利益を一緒に手に入れることを言う。一つの行為をして、その結果として得られる利益とさらにもう一つもしくはそれ以上の利益を得られること。

四字熟語の博士
「一石二鳥」という四字熟語は、ひとつの行動で二つの良い結果を得ることを表しているんだよ。

一つの石を投げて二羽の鳥を取る、というイメージが込められているんだ。

助手ねこ
それはつまり、「一つのことをするだけで、二つも良いことが起こる」ってことやな。

たとえば、一つの石を投げるだけで二羽もの鳥を取れるような感じやな。これは、「効率的な行動の大切さ」を教えてくれる言葉なんやで。


一期一会【いちごいちえ】

一期一会

【意味】
生涯に一度だけ会うこと。また、生涯に一度限りであること。一生に一度のことと考えてそのことに専念する意。もと茶道の心得を表した語で、どの茶会でも生涯にただ一度だと考えて常にまことをつくすべきことをいう。

四字熟語の博士
「一期一会」は、生涯で一度だけの特別な機会を指す四字熟語なんだよ。

元々は茶道の教えで、主人と客が一緒にいるその時その場を、二度と来ない貴重な瞬間と捉え、心から尊重し、全力で向き合うべきだという意味があるんだ。

助手ねこ
ほんまやな、それはつまり、「ある出会いや体験は一生に一度だけの特別なもの」ということやろな。

その場その瞬間に全力で取り組む、これは「大切な時間を大切に生きる心構え」を教えてくれる言葉やで。


遠交近攻【えんこうきんこう】

遠交近攻

【意味】
遠国と親交を結び近国を攻略する外交政策。
遠い国と手を結び、背後から牽制(けんせい)させながら近い国を攻める策。
遠い国は最後に攻めるという策略。

四字熟語の博士
遠交近攻えんこうきんこう」という言葉は、戦略や戦術における一つの考え方を表しているよ。具体的には、遠くの国や集団と友好関係を結んで協力を得つつ、近くの敵を先に攻めるという方法を示しているんだ。
助手ねこ
これは、遠くの国を味方につけることで、背後からの攻撃を防ぎつつ、近くの敵に集中することができるという考え方なんだ。そして、これは戦略だけでなく、仕事や人間関係など、様々な場面で応用することができる考え方なんだよ。

閑話休題【かんわきゅうだい】

閑話休題

【意味】
それはさておき。ともかく。話が横道にそれたのを本筋に戻すときにいう語。主として文章中で用いる。

四字熟語の博士
「閑話休題」という四字熟語は、余計な話を止めて、本当に大切な話題に戻るときに使う言葉だよ。
それはつまり、「ところで、話を元に戻しましょう」みたいな感じなんだ。
助手ねこ
ええな、それはつまり、「むだ話はここまでにして、大切な話に戻ろう」って意味なんやな。
無駄な話をしていたら、「それはさておき」って感じで本題に戻るんやな。
これは、「大切な話に戻るときのフレーズ」やな。

十人十色【じゅうにんといろ】

十人十色

【意味】
十人寄れば十人ともそれぞれ違っているということで、人の個性の異なることをいう。

四字熟語の博士
「十人十色」は、人それぞれが自分の好きなものや考え方が違って、全く同じ人はいないということを表しているんだよ。
みんなそれぞれの趣味や意見があるということだ。
助手ねこ
ええやん、それはつまり、「人はそれぞれ違って、みんな自分の好みや考えがある」ってことやな。
みんなが全く同じじゃなくて、それぞれ自分の色を持ってるんやで。
これは、「人それぞれ、個性を大切に」って言うんやろな。

自画自賛【じがじさん】

自画自賛

【意味】
自分で自分のことをほめること。

四字熟語の博士
「自画自賛」という四字熟語は、自分の行動や発言を自分自身がほめることを表す言葉だよ。
自分で描いた絵を自分で賞賛する、という意味が込められているんだ。
助手ねこ
ほんまやな。つまり、「自分のことを自分でほめる」ってことやな。
自分で描いた絵に自分で「ええ絵やな」と言うみたいな感じやな。
これは、「自分自身を過剰にほめる」ことを教えてくれる言葉なんやで。

【2023年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索