CATEGORY 「期待」の四字熟語一覧

「ゆ」で始まる四字熟語

有為多望【ゆういたぼう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 有為多望 【読み方】 ゆういたぼう 【意味】 才能があり、将来の可能性にさまざまな希望が持てること。 【語源・由来】 「有為」は、才能があること。役に立つこと。「多望」は、多くの希望が持てること。 【典拠・…

「む」で始まる四字熟語

無私無欲【むしむよく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 無私無欲 【読み方】 むしむよく 【意味】 自分の利益や欲望を求めないこと。 【語源・由来】 「無欲」は、欲望がないこと。「無私」は、私心がないこと。自分の利益や欲を求めないこと。 【典拠・出典】 - 【類…

「に」で始まる四字熟語

如意宝珠【にょいほうじゅ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 如意宝珠 【読み方】 にょいほうじゅ 【意味】 一切の願望が自らの意に添ってかなえられるという、不思議な玉のこと。 【語源・由来】 「如意」は、思い通りになる。如意輪観音が手に持ち、民衆の願いを成就させてく…

「け」で始まる四字熟語

硯池法船【けんちほうせん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 硯池法船 【読み方】 けんちほうせん 【意味】 来世を願い経文を静かに写すこと。 【語源・由来】 「硯池」は、すずりの水をためるくぼんだ部分。硯の海。墨池。「法船」は、苦しい現世を渡る船に仏法をたとえた語。…

「ひ」で始まる四字熟語

百縦千随【ひゃくしょうせんずい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 百縦千随 【読み方】 ひゃくしょうせんずい 【語源・由来】 どんなわがままも聞くこと。また、どんなわがままでもきかれること。 【語源・由来】 「百縦」はさまざまなわがまま。「縦」はほしいままという意味。 【…

「は」で始まる四字熟語

攀轅臥轍【はんえんがてつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 攀轅臥轍 【読み方】 はんえんがてつ 【意味】 立派な人の留任を希望して引き留めること。 【語源・由来】 「攀轅」は車の轅(車の前に出した二本の棒)にすがりつくこと。「臥轍」は車の轍に身を臥せること。立派な…

「は」で始まる四字熟語

撥雲見日【はつうんけんじつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 撥雲見日 【読み方】 はつうんけんじつ 【意味】 気がかりなことがなくなって希望がもてるようになること。 【語源・由来】 立ちこめていた暗雲が払いのけられて光明がさし、前途に希望が持てるようになるさまをいう…

「て」で始まる四字熟語

天理人欲【てんりじんよく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 天理人欲 【読み方】 てんりじんよく 【意味】 天の条理と人の欲望。人にある天然の本性と欲望。 【語源・由来】 『孟子』「梁恵王・集注」より。「天理」は自然の本性。道理をそなえた人の本性。「天理」と「人欲」…

「ち」で始まる四字熟語

知足不辱【ちそくふじょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 知足不辱 【読み方】 ちそくふじょく 【意味】 節度を超えた欲望をもつことを戒めたもの。 【語源・由来】 分に安んじて満足することを知ればはずかしめを受けることもない。 【典拠・出典】 『老子』「四四章」 …

「し」で始まる四字熟語

心願成就【しんがんじょうじゅ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 心願成就 【読み方】 しんがんじょうじゅ 【意味】 神仏などに心から念じていると願いはかなえられる。 【語源・由来】 「心願」は神仏などに心の中でかける願(がん)。心からの願い。 【典拠・出典】 - 心願成…

「し」で始まる四字熟語

志大才疎【しだいさいそ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 志大才疎 【読み方】 しだいさいそ 【意味】 志は大きいが才能が乏しいこと。心に抱く望みは雄大だが才能や力量が伴わないこと。 【語源・由来】 「疎」はまばらなこと。 【典拠・出典】 『後漢書』「孔融伝」 【…

「こ」で始まる四字熟語

鼓腹撃壌【こふくげきじょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 鼓腹撃壌 【読み方】 こふくげきじょう 【意味】 理想的な政治がゆきとどいて、人々が平和な生活をすること。 【語源・由来】 「鼓腹」は腹鼓をうつこと。「壌」は地面のこと。「撃壌」は地面をたたいて拍子をとるこ…

「し」で始まる四字熟語

雌伏雄飛【しふくゆうひ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 雌伏雄飛 【読み方】 しふくゆうひ 【意味】 将来を期して人につき従い、やがて盛んに活躍すること。 【語源・由来】 「雌伏」は雌鳥が雄鳥に従い伏すことから、将来の活躍を期して人につき従うという意味。「雄飛」…

「こ」で始まる四字熟語

敲氷求火【こうひょうきゅうか】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 敲氷求火 【読み方】 こうひょうきゅうか 【意味】 方法を誤ったり見当違いのことをしても、目的は達せられないたとえ。見当違いの無理な望みを持つこと。 【語源・由来】 氷をたたいて火を起こそうとするという意味…

「こ」で始まる四字熟語

後生可畏【こうせいかい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 後生可畏 【読み方】 こうせいかい 【意味】 将来の大きな可能性を秘めているから侮ってはならず、むしろおそれ敬うべきであるということ。年少者は、大きな可能性を秘め、将来どんな力量をあらわすかわからないのでお…