CATEGORY 「幸運・吉事」の四字熟語一覧

「ふ」で始まる四字熟語

富貴福禄【ふうきふくろく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 富貴福禄 【読み方】 ふうきふくろく 【意味】 富や身分。幸福。 【語源・由来】 「富貴」は、富と身分。「福禄」は、幸福。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・栄耀栄華(えいようえいが) ・富貴栄華(ふうきえ…

「お」で始まる四字熟語

黄金時代【おうごんじだい】の意味と使い方や例文(対義語)

【四字熟語】 黄金時代 【読み方】 おうごんじだい 【意味】 もと古代ギリシア・ローマで、人類の歴史を金・銀・銅・鉄の四時代に分けたその第一の時代。幸福と平和に満ちた理想の時代。一般には文化や勢い、栄光などの最盛期をいう…

「む」で始まる四字熟語

無妄之福【むぼうのふく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・対義語)

【四字熟語】 無妄之福 【読み方】 むぼうのふく 【意味】 思いがけない幸運。 【語源・由来】 「無妄」は思いがけなく起こること。 【典拠・出典】 『戦国策』「楚策」 【対義語】 ・無妄之禍(むぼうのわざわい) 無妄之福…

「ふ」で始まる四字熟語

富貴福沢【ふうきふくたく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 富貴福沢 【読み方】 ふうきふくたく 【意味】 富んで位高く幸福なこと。天が人に与える富貴や恩沢。 【語源・由来】 「富貴」は財産があり、身分が高いこと。「福沢」は幸福とめぐみ。 【典拠・出典】 『近思録』…

「ひ」で始まる四字熟語

百福荘厳【ひゃくふくしょうごん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 百福荘厳 【読み方】 ひゃくふくしょうごん 【意味】 仏像を、数多く積んだ福で飾ること。 【語源・由来】 仏教語で、「百福」は多くの福のこと。「荘厳」は仏像や殿堂などを美しく飾ること。 【典拠・出典】 『法…

「は」で始まる四字熟語

伐性之斧【ばっせいのおの】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 伐性之斧 【読み方】 ばっせいのおの 【意味】 心身に害を及ぼす事物のたとえ。女色におぼれたり、偶然の幸運をあてにすること。 【語源・由来】 「伐性」は人間の本性をそこなうこと。女色や僥倖は人の本性をそこな…

「つ」で始まる四字熟語

墜茵落溷【ついいんらくこん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 墜茵落溷 【読み方】 ついいんらくこん 【意味】 人には運不運があるということ。 【語源・由来】 「茵」はしとね・敷物のこと。「溷」はかわやという意味。風に吹かれて散った花が、あるものは幸運なことに敷物の上…

「せ」で始まる四字熟語

積善余慶【せきぜんのよけい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 積善余慶 【読み方】 せきぜんのよけい 【意味】 善行を積んだ家は子孫まで必ず幸福がおよぶ。 【語源・由来】 「積善」はよい行いを積み重ねること。「余慶」は子孫にまでおよぶ幸福。「積善の家には必ず余慶あり」…

「せ」で始まる四字熟語

斉紫敗素【せいしはいそ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 斉紫敗素 【読み方】 せいしはいそ 【意味】 賢者が事をなせばわざわいを福に転じるように、失敗を成功へと導くことができるというたとえ。世にもてはやされる紫色のきぬも粗悪な白ぎぬを染めたものであるという意味。…

「さ」で始まる四字熟語

塞翁失馬【さいおうしつば】の意味と使い方や例文(類義語・出典)

【四字熟語】 塞翁失馬 【読み方】 さいおうしつば 【意味】 人生の幸不幸は予測できないので、いたずらに一喜一憂すべきではないということ。「塞翁」は中国の北方の塞の近くに住んでいた老人。 【語源由来】 あるとき、塞翁の飼…

「い」で始まる四字熟語

陰徳恩賜【いんとくおんし】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 陰徳恩賜 【読み方】 いんとくおんし 【意味】 人知れず善行に励む人には、必ずよい報いがあるということ。 【語源・由来】 「陰徳」は人に知られない隠れた善行のこと。「恩賜」はありがたい恩恵のこと。 【典拠・…

「こ」で始まる四字熟語

黄道吉日【こうどうきちにち】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄道吉日 【読み方】 こうどうきちにち 【意味】 日がらのよい日。吉日。 【語源・由来】 「黄道」は地球から見て、太陽が地球を中心に運行するように見える軌道を表す大きな円のこと。陰陽道の言葉で、全てがうまく…

「こ」で始まる四字熟語

黄裳元吉【こうしょうげんきつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 黄裳元吉 【読み方】 こうしょうげんきつ 【意味】 忠誠を尽くす家臣が主家に仕えると、必ずよい結果をもたらすということ。 【語源・由来】 易経の言葉で、「黄裳」は黄色のもすそのことで、「黄」は五行で中心の色…

「こ」で始まる四字熟語

好事多魔【こうじたま】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 好事多魔 【読み方】 こうじたま 【意味】 よい出来事にはじゃまが入りやすいこと。 【語源・由来】 「魔」は、困難や妨害、じゃまの意。男女の交際などで邪魔が入ったり、もめごとが起きたりしてうまくいかないこと…

「け」で始まる四字熟語

景星鳳凰【けいせいほうおう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 景星鳳凰 【読み方】 けいせいほうおう 【意味】 聖人や賢人が世に現れる兆しのこと。 【語源・由来】 「景星」は、めでたい星。「鳳凰」は、想像上の鳥。中国では古代から、聖天子が世に出ると現れるとされるもの。…

「き」で始まる四字熟語

錦上添花【きんじょうてんか】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 錦上添花 【読み方】 きんじょうてんか 【意味】 善美なものの上に、さらに善美なものを加えること。本来、美しい錦の上に、さらに美しい花を添える意。よいもの、美しいもの、めでたいことなどが重なることに用いる。…

「さ」で始まる四字熟語

塞翁之馬【さいおうのうま】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 塞翁之馬 【読み方】 さいおうのうま 【意味】 幸いが転じて禍いになったり、不幸と思ったことが幸いになること。人生の幸不幸は、後になってみなければわからないということ。また、いたずらに喜んだり悲しんだりする…