CATEGORY 「感謝」の四字熟語一覧

「し」で始まる四字熟語

七生報国【しちしょうほうこく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 七生報国 【読み方】 しちしょうほうこく 【意味】 幾度もこの世に生まれ変わり、国の恩に報いること。国の恩を非常に感じていることのたとえ。 【語源・由来】 「七生」は、仏教で、七たび(幾度も)生まれ変わるこ…

「し」で始まる四字熟語

至孝貞淑【しこうていしゅく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 至孝貞淑 【読み方】 しこうていしゅく 【意味】 女性が家庭を守り、この上なく親孝行で、しとやかなこと。 【語源・由来】 「至孝」は、この上なく親孝行なこと。「貞淑」は、女性が正しく節操を守り、しとやかなこ…

「ろ」で始まる四字熟語

老莱斑衣【ろうらいはんい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 老莱斑衣 【読み方】 ろうらいはんい 【意味】 親孝行のたとえ。親に孝行のかぎりをつくすことのたとえ。 【語源・由来】 「斑衣」は模様のある派手な服。ここでは子供が身につける派手な服。 中国周代、楚の老莱子…

「ふ」で始まる四字熟語

風木之悲【ふうぼくのかなしみ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 風木之悲 【読み方】 ふうぼくのかなしみ 【意味】 父母が亡くなってしまって、孝行を尽くすことができない嘆き。 【語源・由来】 「風木」は風にゆれる木のこと。木が静止したいと思っても、風が止まないと静止でき…

「ふ」で始まる四字熟語

風樹之歎【ふうじゅのたん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 風樹之歎 【読み方】 ふうじゅのたん 【意味】 父母が亡くなってしまって、孝行を尽くすことができない嘆き。 【語源・由来】 「風樹」は風に揺れる木のこと。木が静止したいと思っても、風が止まないと静止できない…

「は」で始まる四字熟語

反哺之羞【はんぽのしゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 反哺之羞 【読み方】 はんぽのしゅう 【意味】 親の恩に報いること。 【語源・由来】 「反哺」は烏の子が成鳥になると、育ててくれた親鳥に餌を運んで、口移しをして親を養うということから、父母に恩を返すことをい…

「は」で始まる四字熟語

斑衣之戯【はんいのたわむれ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 斑衣之戯 【読み方】 はんいのたわむれ 【意味】 親孝行のたとえ。親に孝養のかぎりをつくすことのたとえ。 【語源・由来】 「斑衣」は模様のある派手な服。ここでは子供が見につける派手な服。 中国周代、楚の老莱…

「と」で始まる四字熟語

冬日之温【とうじつのおん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 冬日之温 【読み方】 とうじつのおん 【意味】 君恩のあたたかさのたとえ。 【語源・由来】 冬の日光のあたたかさのこと。「冬日」は冬の日、冬の太陽、冬の日光。 【典拠・出典】 王倹 冬日之温(とうじつのおん…

「と」で始まる四字熟語

冬溫夏凊【とうおんかせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 冬溫夏凊 【読み方】 とうおんかせい 【意味】 親に孝行を尽くすこと。 【語源・由来】 「凊」は「涼」に同じで、涼しいという意味。冬は温かく、夏は涼しくて、過ごしやすくしてあげるという意味から。 【典拠・出…

「て」で始まる四字熟語

定省温凊【ていせいおんせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 定省温凊 【読み方】 ていせいおんせい 【意味】 親に孝養を尽くすこと。 【語源・由来】 冬には暖かく夏には涼しく過ごせるよう配慮し、夜には寝床を整え定め朝にはご機嫌を伺う。もと人の子たる者の礼を説いた語。…

「た」で始まる四字熟語

大義滅親【たいぎめっしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 大義滅親 【読み方】 たいぎめっしん 【意味】 君国に報いるためには親兄弟もかえりみないということ。 【語源・由来】 「親」は親子兄弟など身内の関係。「大義」は臣下が君国に尽くすべき道義。 【典拠・出典】 …

「せ」で始まる四字熟語

全生全帰【ぜんせいぜんき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 全生全帰 【読み方】 ぜんせいぜんき 【意味】 親からもらった体を傷つけることなく生を全うするのが、真の親孝行だということ。 【語源・由来】 「全」は完全という意味。完全な体で生んでくれたものを、完全な体の…

「せ」で始まる四字熟語

饌玉炊金【せんぎょくすいきん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 饌玉炊金 【読み方】 せんぎょくすいきん 【意味】 たいへんなご馳走。豪華このうえない食事のこと。また、他社の歓待を感謝していう語。 【語源・由来】 金を炊いて食物とし、玉を取りそろえて膳に並べるという意味…

「す」で始まる四字熟語

随侯之珠【ずいこうのたま】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 随侯之珠 【読み方】 ずいこうのたま 【意味】 貴重な宝玉、天下の至宝をいう。中国春秋時代、諸侯の随候が傷ついた大蛇を助け、そのお礼に大蛇がくわえてきたという宝玉のこと。 【典拠・出典】 『荘子』「譲王」 …

「し」で始まる四字熟語

尽忠報国【じんちゅうほうこく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 尽忠報国 【読み方】 じんちゅうほうこく 【意味】 忠義を尽くして国の恩に報いること。 【語源・由来】 「尽忠」は君主や国家に忠誠心を尽くすこと。「報国」は国の恩に報いるという意味。 中国宋の岳飛は忠誠心に…

「こ」で始まる四字熟語

昏定晨省【こんていしんせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 昏定晨省 【読み方】 こんていしんせい 【意味】 親に孝行をつくすこと。 【語源・由来】 「昏定」は晩になると父母の寝所を整えること。「晨省」は朝になると父母のご機嫌をうかがうという意味。 【典拠・出典】 …

「も」で始まる四字熟語

罔極之恩【もうきょくのおん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 罔極之恩 【読み方】 もうきょくのおん 【意味】 父母の恩。 【語源・由来】 「罔極」は尽きることがない、限りがないということ。 【典拠・出典】 『詩経』「小雅・蓼莪」 罔極之恩(もうきょくのおん)の使い方…

「ほ」で始まる四字熟語

報本反始【ほうほんはんし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 報本反始 【読み方】 ほうほんはんし 【意味】 天地や祖先などの恩に報いること。 【語源・由来】 「本」は、ここでは天地の意。「始」は、祖先の意。「本に報い始めに反る」と読み下す。人が天地や祖先など、存在の…